【べジママ】妊娠糖尿病に効果のある妊活サプリメント!

この記事を読むには約5 分かかります。

【べジママ】妊娠糖尿病に効果のあるサプリ!

べジママ

妊娠糖尿病を予防する事ができるサプリメントのご紹介!

妊娠糖尿病に効果のある妊活サプリメントのご紹介

妊娠糖尿病って怖いですよね。
早産や流産、帝王切開に胎児の奇形のリスクなど、本当に様々なリスクがありますので、しっかりとケアや予防をしたいものですね。
妊娠糖尿病を予防すするには、妊活中からきちんと気を付ける事が重要です。

特に血糖値のコントロールは妊活中からしっかりとしておかないと、妊娠をしてから血糖値のコントロールをするのは本当に大変なことになります。
特に妊娠後すぐに血糖値を改善するのは無理があります。


スポンサードリンク


妊娠糖尿病とは?

妊娠糖尿病とは、一体どのような病気なのでしょう?
普通の糖尿病と何が違うの?と思われる方も少なくありませんので、まずは妊娠糖尿病の事をご紹介します。

妊娠糖尿病とは妊娠をきっかけに怒る糖尿病

妊活

妊娠糖尿病とは、妊娠をきっかけにして、血糖値のコントロールが出来なくなってしまう症状になります。

血糖値のコントロールとは、血液中の糖分の量の調整です。
ご飯やパン、麺類などの淡水化物やデザートなどの甘いものを食べると血液中の糖分が増加します。

通常は、増加した糖分は細胞内に取り込まれて代謝していくものですが、血糖値のコントロールができなくなると、この糖分の吸収や代謝が機能しなくなります。

この状態が続いて重症化すると「糖尿病」になるのです。

妊娠糖尿病とは、糖尿病までは重症化していないけれども、その一歩手前の状態、つまり糖分の代謝に異常をきたしている状態という事になります。

この状態が進行して、糖分の代謝以上が継続している状態になると、糖尿病と診断をされます。

もともと糖尿病の人が妊娠した場合には、「糖尿病合併妊娠」という症状になります。

妊娠糖尿病では何が悪いの?

妊娠糖尿病では何が危険なの?
妊娠糖尿病では、母親にも、胎児にも非常に危険なリスクが発生します。

そのリスクとは、「早産」「流産」「胎児が大きくなり過ぎて帝王切開の可能性」など、様々なリスクが存在します。
また奇形児や、低出生体重児の可能もグッと高くなります。

35歳以上の妊娠では要注意!

35歳以上の妊娠の場合には、特に妊娠糖尿病には注意が必要です。

「日本糖尿病、妊娠学会」のデータでは、35歳以上の高齢出産では、妊娠糖尿病の発症のリスクが高くなるというデータもあります。

現代社会では、女性の晩婚化が問題となっているくらい高齢出産の件数が増加していますので、その分に殷賑糖尿病に注意する必要がある女性が多くなっているのでしょうね。

妊娠糖尿病の予防方法とは?

では、どのように妊活中に血糖値をコントロールしたらいいのか?と言いますと、【べジママ】が非常におすすめです。

【べジママ】っていうと、妊活サプリメントでは人気の合あるサプリメントなので、ご存じの方もいらっしゃるでしょう。
この【べジママ】が妊娠糖尿病の予防に効果を発揮するのです。

【公式】新妊活サプリメント『VEGEMAMA-ベジママ』はコチラ

妊娠糖尿病に効果的な【べジママ】

妊活

さて、妊娠糖尿病に効果的なサプリメントの【べジママ】のご紹介です。

【べジママ】は妊活サプリメントでは非常に人気のあるサプリメントですので、妊活中の女性であれば、ご存じの方も多いでしょう。
しかし、このべジママはただの葉酸サプリメントではありません。

べジママには、葉酸と一緒に「ピニトール」という成分が配合されています。
この「ピニトール」という成分が血糖値のコントロールに効果があるのです。

もちろん葉酸サプリメントとしても非常に効果的なサプリメントというのは言うまでもありませんよね。

【公式】新妊活サプリメント『VEGEMAMA-ベジママ』はコチラ

血糖値をコントロールする「ピニトール」

べジママに配合されている成分の「ピニトール」が血糖値をコントロールする重要な成分なのです。

つまり、【べジママ】を妊活中に飲んでおけば、厚生労働省が推奨する「葉酸」が十分に摂取できるだけではなく、妊娠糖尿病を予防する事も出来る「ピニトール」も同時に摂取する事が出来るという訳です。

まさに妊活中の女性のためのサプリメントですね。


スポンサードリンク


多嚢胞性卵巣症候群も予防・改善する【ピノトール】

ピニトールの効果でもうひちる注目したい効果があります。
その効果とは、嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の予防・改善の効果です。

実は、多嚢胞性卵巣症候群の女性は妊娠糖尿病になりやすいと言われています。
多嚢胞性卵巣症候群の方は、血糖値のコントロールの機能が働きにくくなっているからです。

ですから、多嚢胞性卵巣症候群を改善したり、予防することは妊娠糖尿病を予防するにもとっても大切な事なんです。

妊活が進んでいる欧米では、不妊治療にもピニトールが使用されています。

【べジママ】で多嚢胞性卵巣症候群の予防、改善をして、妊娠糖尿病の予防も同時に行うという事が妊活中の女性には欠かす事が出来ない重要な事です。

【公式】新妊活サプリメント『VEGEMAMA-ベジママ』はコチラ

ピニトールは何からできているの?

さて、そんな大切なピニトールですが、ピニトールは「アイスプラント」という植物を原料としています。
べジママに使用されているアイスプラントは、メーカーの向上で生産されていますので、徹底した安全管理の下で栽培されていますので、安心して飲むことが出来ます。
また、このメーカーでは、無農薬栽培をしているというもの安心のポイントですね。

妊活中の女性に欠かせない【べジママ】はコチラ

さて、妊活中の女性に欠かす事が出来ないべジママはコチラか詳細をご覧下さい。

【公式】新妊活サプリメント『VEGEMAMA-ベジママ』はコチラ

べジママ以外の人気のサプリメントはコチラからご覧下さい。
人気のマカサプリメントは今、売れている!妊活サプリメントランキング【2016年】でご覧下さい。

妊娠するために知っておきたい 4つのポイント

妊活マカの選び方妊活葉酸の選び方
妊娠するために効果的なサプリメント妊娠出産にかかるお金

スポンサードリンク




妊活.comの妊娠できるメルマガ【妊活通信】

妊活.comがお届けする「妊娠できるメールマガジン」【妊活通信】を是非ご覧下さい。厳選した妊活ニュースをお届けしています。
登録フォーム


サブコンテンツ

女性におすすめの商品広告



このページの先頭へ