いつかの妊娠の為に今やるべき事!

この記事を読むには約5 分かかります。

早い段階で妊娠を希望している女性のやるべき事!

今やるべきこと

近い将来に妊娠を希望しているのであれば、「やっておきべき事」があります。

妊娠するために今からできる事!

すぐに妊娠したいと思っても、妊娠しやすい体作りができていないと、妊娠する事が出来ない可能性もあります。
すぐに授かれると思っている女性が多い中、妊娠とは実はそんなに簡単なものではないと痛感する女性が少なくありません。


スポンサードリンク


いつかの妊娠の為に今からやるべき事!

妊娠はすぐにしたいと思ってもなかなか出来ないというのが現実です。
いつかの妊活の時の為に「すぐにできる事」「すぐにやるべき事」をご紹介します。

不妊の原因を知る

まずは、妊活の為のには、不妊の原因となる事を知っておく事が必要です。

    代表的な不妊の原因はこれだ!

  • 日々の生活の中でのストレス
  • 食習慣の乱れ、バランスのとれていない食習慣
  • 寝不足、不眠、生活習慣の乱れ
  • 整理不順、PMSが重い
  • 婦人科系の健診を受けた事がない

上記の項目に一つでも当てはまれば、妊娠をするために今から改善が必要になります。
あなたは大丈夫でしたか?

いつか妊娠する為にやっておく事

いつ妊娠を支度なっても良いように、今のうちからやっておくべき事をご紹介します。

    いつかの為に今からやる!

  • 生活習慣の見直し
  • 基礎体温を付ける
  • 35歳以上は妊娠しにくいという事を知っておく
  • 婦人科系の健診を受ける
  • 風疹の予防接種を受けておく
  • 医療保険に加入しておく

生活習慣を見直す

生活習慣を見直す
妊娠を望むのであれば、まずは生活習慣を見直す事が重要な事になります。
特にバランスの取れた食習慣や規則正い生活習慣など、健康に気を使う上での基本的なことが非常に重要になります。何事においても基礎が重要になルのです。
生活習慣を改善するだけで、生理不順の方が改善されたなんて事もありますし、食習慣の見直しで冷え性が治ったなんて方もいます。
しかし、生活習慣を見直すと言うのは、簡単そうに聞こえて難しいものです。毎日少しずつ意識をして改善をして下さい。

基礎体温を付ける

基礎体温を付ける
基礎体温を付けるという事で、様々なメリットがあります。
妊活を始める前から付けていればベストなのですが、今つけていない方は、すぐにでも付けるようにしましょう。
基礎体温を管理することで、妊娠をしやすい日、排卵日の特定、生理日の予想などができるようになります。
また、絶頂期や不調期の周期も判断できようになりますんので、自分の行動をコントロールしやすくなります。

排卵の有無も確認する事が出来ますので、もしあなたに婦人科系の病気が合った場合には、早期に発見する事が出来ます。
早期に発見する事ができれば、治療の期間も短くなりますし、完治する可能性も高くなります。

35歳以上は妊娠しにくいということを知る

35歳以上は妊娠しにくい
妊活女性は絶対に知っておくべき情報です。「35歳以上は妊娠しにくくなります」
35歳以上はホルモンバランスの乱れなどによって、妊娠率が下がります。また、流産をしてしまう確率が高くなってしまいます。
当然、体外受精で妊娠をする確率も低くなります。
しかし、妊娠出来ないという訳ではありませんので、安心をして下さい。

婦人科健診を受ける

婦人科系の健診を受ける
いつかは妊娠をしたいと考えている女性は、婦人科系の健診は必要不可欠です。
婦人科系の病気になっている場合には、当然、妊娠する事が出来ないケースも多くあります。
また、性感染症の検査も必要です。性感染症でも不妊になってしまう可能性は十分にあります。
婦人科健診で特に注意が必要なのが、子宮がんの健診になります。子宮がんは30歳以上になると発症率が高くなるので、健診をしておくことをオススメします。問題が無ければ安心して妊活を行えますし、万が一子宮がんが発見されても、早期の発見に繋がりますし、早期の子宮がんであれば、1日程度の入院で手術が可能になり、完治する可能性が非常に高くなります。


スポンサードリンク


風疹の予防接種を受けておく

風疹の予防接種を受けておく
妊活を始める前には風疹の予防接種を受けておきましょう。
妊娠している女性が風疹にかかると、高確率で赤ちゃんが先天性疾患になってしまいます。
自分が小さい頃に風疹お予防接種を受けていても、その抗体が残っていない事もありますので、再度摂取が必要になります。
妊娠してからでは風疹の予防接種を受ける事は出来ないので、妊娠をする前に受けておいて下さい。

医療保険に加入しておく

医療保険に加入しておく
妊活を始める前には、医療保険に加入しておく事を強くオススメ致します。
意外と知られていないことに、妊娠をすると一定期間は医療保険に加入することが出来なくなります。
医療保険に加入していれば、帝王切開の場合にも保険金を受け取る事ができるので安心です。
また、異常分娩となって入院なんて事になっても、医療保険の保険金を受け取る事ができるので、金銭面の心配をしなくても大丈夫になります。

しかし、もし医療保険にかにゅうしていないと、帝王切開等の異常分娩の際には、当然、出産費用は高額になります。また、帝王切開も手術の一種ですので、その後2年以上は通常の医療保険に加入することが出来なくなります。
出産後には、体力が低下しているので、様々な病気になるリスクがあります。そのリスクに備えて妊娠をする前に医療保険には加入しておく必要があります。

妊娠するために知っておきたい 4つのポイント

妊活マカの選び方妊活葉酸の選び方
妊娠するために効果的なサプリメント妊娠出産にかかるお金

スポンサードリンク




妊活.comの妊娠できるメルマガ【妊活通信】

妊活.comがお届けする「妊娠できるメールマガジン」【妊活通信】を是非ご覧下さい。厳選した妊活ニュースをお届けしています。
登録フォーム


サブコンテンツ

このページの先頭へ