うつ病でも妊娠を諦めない!

この記事を読むには約3 分かかります。

鬱病でも妊娠したい女性は必見!

持病があっても妊娠できる

鬱病でも妊娠したい女性は安心して下さい。

うつ病でも妊娠をあきめらない!!!

鬱病でも妊娠したい女性は必見の情報。
赤ちゃんに安全なお薬コントロールをご紹介します。

妊活中の女性が全て健康とは限りません。
妊活中の女性の中には、病気に悩んでいたり、鬱病やパニック傷害に悩んでいる女性も少なくありません。
鬱病に悩む妊活女性の中には、「妊娠をしたいけど薬を飲んでいる方無理だ」と諦めていたり、主治医の先生から妊娠をしないほうが良いと言われている女性もいます。
しかし、鬱病だと本当に妊娠することが出来ないのでしょうか?
答えは「鬱病でも問題なく妊娠、出産することが出来る。」ということです。

鬱病でも妊娠をすることができる!

鬱病だからといって妊娠を諦めていませんか?
もし、「自分は薬を飲んでいるから妊娠、出産する事は出来ない。」と思っていたら、是非このページを参考にして下さい。

基本は体調を安定させる事

    基本のポイントは体調の安定

  • 鬱病の女性に必要な事は、まずは体調を安定させる事
  • 薬の量を減らして、日常生活を送ることができる程度までゆっくりと、休養をしましょう。
  • 仕事をしている女性は、人夏の為に仕事の量を調整して下さい。

睡眠薬の使用を止める

睡眠薬の使用を止める事も重要です。
これはできればという事になりますが、睡眠薬の影響が胎児にあるというよりも、睡眠薬の服用の習慣があると出産後の育児の際に支障が出ます。

睡眠薬で眠ってしまうと、なかなか目が覚める事がありません。
新生児は2時間おきくらいに、授乳をしたり、ミルクを与えたりしなければなりません。
その為、睡眠薬を使用しての入眠は問題になってしまいます。

睡眠薬を断つ事は、大変なことかも知れません。しかし、かわいい自分の子供を育てている自分を想像して頑張って止めるようにして下さい。

抗鬱剤を1種類にする

抗鬱剤の影響を最小限に抑える為に、抗鬱剤の種類を1種類に決めておきましょう。
妊婦さんにおすすめな抗鬱剤は「アモキサン」や「ルジオミール」と言われています。
「アモキサン」は1日に2000㍉摂取してようやく胎児に影響が出る可能性があるというくらいに安全な「Cランクの抗鬱剤」です。
「ルジオミール」は「アモキサン」よりも更に安全な「Bランクの抗鬱剤」になります。

妊娠発覚後に全ての薬をコントロールする

妊娠が発覚するまでに上記の事が出来なかった女性は、妊娠が分かってから上記の項目を全て行う必要があります。
当然、一気に全ての項目を行うので、本当に大変になります。
できるだけ、妊娠をしたいと思った段階から少しずつクリアしていくようにしましょう。

持病を持っている女性は、妊娠、出産に二の足を踏んでしまいますが、しっかりとコントロールすることで、妊娠や出産を行う事は十分に可能です。
たとえ持病を持っていても決してあきらめないで、専門医に相談をすることをオススメ致します。

妊娠するために知っておきたい 4つのポイント

妊活マカの選び方妊活葉酸の選び方
妊娠するために効果的なサプリメント妊娠出産にかかるお金




妊活.comの妊娠できるメルマガ【妊活通信】

妊活.comがお届けする「妊娠できるメールマガジン」【妊活通信】を是非ご覧下さい。厳選した妊活ニュースをお届けしています。
登録フォーム


サブコンテンツ

女性におすすめの商品広告



このページの先頭へ