お酒好きな女性は要注意!妊活とアルコールの関係【妊活の体作り】

この記事を読むには約3 分かかります。

妊活とアルコールの関係

お酒好きな女性は要注意!妊活とアルコールの関係【妊活の体作り】

妊活とアルコールの関係とは

妊活中の女性とアルコールの関係とは

妊娠中には飲酒はけ無いとなんとなく分かっているけど、妊活中にはお酒は飲んでも大丈夫?
妊娠とアルコールの関係はよく知られていますが、妊活中のアルコールの関係はなかなか知られていないものです。

ここでは、妊活中にアルコールが与える影響を勉強しましょう。


スポンサードリンク


妊活とアルコールの関係

アルコールは体に様々な影響を与えます。
特に妊娠を希望している妊活中の女性の場合には、お酒の飲み方もしっかりと見直す必要があります。

    過度な飲酒が妊活中に体に与える影響

  • 月経不順
  • 受精の妨げ
  • 着床の妨げ
  • 受精卵の成長の妨げ
  • 男性の生殖能力の低下

などなど、過度な飲酒によって妊活中の体には悪影響となる事が少なくありません。

妊活中のお酒との賢い付き合い方

お酒を飲んでストレス解消となっている方は多いと思います。
確かに、夏の暑い日に冷たく冷えたビールや、寒い冬の日に鍋を囲んでみんなでわいわいとお酒を飲むというのは、本当に楽しく、ストレス解消になります。

しかし、少し気を付けて下さい。
男性の場合には飲み会を少し減らしたり、女性は毎月のリセットの時に少しお酒を楽しむというくらいにしたほうがいいのかもしれませんね。
禁煙や筋腫、原酒もパートナーと一緒に行うほうが効果があります。是非パートナーと一緒に頑張って下さい。

妊活中にお酒を止めた方が良い理由

妊活中に飲酒を控えた方が良い理由には様々な理由があります。
しかし、なかなかお酒をやまるのは難しいと思っている方も少なくありません。
分かっていても止められないというのは、分かります。

さて、過度な飲酒の影響がどのようなことになうのかをご紹介します。やめる決心が付かない方はこれを読んで考えて下さい。


スポンサードリンク


妊活中のアルコールの影響

筋腫をするとアウトレスがたまり妊活に悪影響と言う方もいますが、筋腫によるストレスの影響よりもアルコールが体に与える影響の方がはるかに悪影響になります。

妊活中にアルコールを摂取し過ぎると、妊娠の確率が低下するだけではありません。
仮に妊娠できたとしても、飲酒の習慣がある女性は、お酒を飲まない女性に比べ、「流産の可能性」が約2倍になります。

もし、お酒を飲むことでストレスを解消しているという習慣がある方は、早急に改善が必要になります。そのようなストレスの解消方法をとっていると妊娠をしても飲酒をやめることができなくなってしまいます。
妊娠中にあるコーツを摂取していると、「胎児性アルコール症候群」を引き起こす可能性があります。大変危険な症状です。
妊娠中んアルコールを飲んだからと言って必ず胎児性アルコール症候群になる訳ではありませんが、大切な赤ちゃんのために避けられるリスクは避けましょう。

研究データには様々なデーターがあり、飲酒が妊娠に影響を与えないとしている研究データもあります。その反面悪影響を与えるという方向もあります。
しかし、過度な飲酒が健康に悪影響なのは間違いがありませんので、妊活中、妊娠中にはアルコールの摂取は控えるようにしましょう。

妊娠するために知っておきたい 4つのポイント

妊活マカの選び方妊活葉酸の選び方
妊娠するために効果的なサプリメント妊娠出産にかかるお金

スポンサードリンク




妊活.comの妊娠できるメルマガ【妊活通信】

妊活.comがお届けする「妊娠できるメールマガジン」【妊活通信】を是非ご覧下さい。厳選した妊活ニュースをお届けしています。
登録フォーム


サブコンテンツ

このページの先頭へ