カフェ好きな女性は要注意!妊活とカフェインの関係【妊活の体作り】

この記事を読むには約3 分かかります。

妊活とカフェインの関係

カフェ好きな女性は要注意!妊活とカフェインの関係【妊活の体作り】

妊活とカフェインの関係

妊活中の女性とカフェインの関係とは

妊活に疲れたらカフェでゆっくりコーヒーでも飲んでリラックス。
なんて素敵な時間を過ごしている女性も少なくありませんが、しかし、妊活中にカフェインは要注意です。


スポンサードリンク


妊活とカフェインの関係とは

「カフェインは妊活中の女性にとっては大敵!」
なんて言葉を聞いた事はありませんか?

日常生活では、何気なしに飲んでいるコーヒーや紅茶が妊活中の女性にとって悪影響になるのであれば、知らないで毎日コーヒーや紅茶を飲んでいる女性は大変なことになります。
知らない間に不妊症になっているなんて怖いですよね。
本当にカフェインが妊活中の女性にとって悪影響があるのかを一緒に勉強しましょう。

なぜ妊活中にカフェインが行けないのか?

カフェインが含まれている飲み物は女性の体を冷やしてしまいます。
通常カフェインはコーヒーや紅茶などの温かい飲み物に含まれていますが、たとえ温かい飲み物でもカフェインによって体を冷やしてしまい、不妊の原因となります。

コーヒーや紅茶や緑茶などは女性の体を冷やしてしまい、その半面、黒豆茶やノンカフェインのたんぽぽコーヒーなどは体を温める飲み物と言われています。

不妊の原因にもなる冷え性

不妊症の原因の一つに「冷え性」があります。
体の冷えに悩んでいる女性も少なくありません。

手足の冷えだけではなく、内臓が冷えてしまうと、子宮の機能が低下してしまい妊娠しにくくなります。
また、体の冷えが原因で血行不良にもなりますので、妊活中の女性にとっては本当にカフェインは大敵なのです。

またカフェインには、利尿作用があります。
妊活中の女性の場合には、体内の水分と一緒にミネラルや栄養素も排出されてしまうとも言われています。


スポンサードリンク


適度にカフェインを取る事!

コーヒー好きな方は、カフェインを取れないなんて辛いと思うかもしれません。
しかし、過度に取り過ぎなければ問題はありません。

1日1杯程度であれば底まで影響はありません。不妊症の予防や流産の予防のために大好きなコーヒーをやめる方がストレスになり悪影響になる声ともあります。
完全に飲まなくするのではなく、1日に1〜2杯程度の抑えるようにしましょう。

カフェインを過度に摂取してしまうと妊娠力を低下させ、妊娠中の方は流産の可能性が高くなります。
1日に5杯以上のコーヒーを飲んでいる女性は不妊症のリスクを約45%も高めるそうです。

ストレスを感じない程度に節制をして、上手にカフェインと付き合いましょう

妊娠するために知っておきたい 4つのポイント

妊活マカの選び方妊活葉酸の選び方
妊娠するために効果的なサプリメント妊娠出産にかかるお金

スポンサードリンク




妊活.comの妊娠できるメルマガ【妊活通信】

妊活.comがお届けする「妊娠できるメールマガジン」【妊活通信】を是非ご覧下さい。厳選した妊活ニュースをお届けしています。
登録フォーム


サブコンテンツ

このページの先頭へ