原因不明不妊の原因と治療法【不妊の原因】

この記事を読むには約4 分かかります。

原因不明不妊

原因不明不妊とは、特の不妊の原因となる因子が判明していないのに、妊娠ができないというような症状になっている状態です。

しかし、原因不明不妊の場合には、本当に原因がなく、ただタイミングの問題だったりする事が多く、ふとしたタイミングで妊娠をするケースが多くあります。

原因不明不妊は意外と多くの方が悩んでいる症状です。特に原因がないので、本当に気を楽にして妊活をすると、妊娠できるようです。

原因不明不妊について

原因が分からないのは不安だけど、原因がなくてただ、タイミングの問題かも知れないと考えると楽になるよ。

原因不明不妊

原因不明不妊とは、不妊症の検査を行っても、特に原因が分からない状態の事です。このような状態を原因不明不妊、もしくは、機能性不妊と呼んでいます。
原因不明不妊で悩む方は、不妊症の方の約10%?35%とにもなります。
しかし、「腹腔鏡検査」等の精密検査を行えば、原因不明不妊は約10%程度になると考えられています。
また、原因不明不妊と機能性不妊を区別して使うようなケースもあります。この場合には、基本的な検査で不妊の原因が見つける事ができなかった場合には「機能性不妊」といい、さらに、精密検査を行っても、不妊の原因が分からなかった場合を「原因不明不妊」と言うケースもあります。

原因不明不妊の悩み

原因不明不妊の方は、不妊治療を行う際に、次のステップに進む事が難しいのです。

何故、難しいかと言いますと、特に原因がないので、いきなり、人工受精や体外受精と言われても、なかなか納得する事ができないのです。
しかし、原因不明不妊の場合には、実際には見つかってはいないけど、隠れた不妊の原因がありますので、不妊治療をしない周期の妊娠率は非常に少なくなります。

原因不明不妊では3年以内に60%の妊娠率

原因不明不妊では、何も治療をしなくても3年以内に約60%が妊娠する可能性があります。
特に原因がない場合も多く、ただ単に、タイミングが合っていなかった等言うケースもあるようです。

原因不明不妊の定義

基本的な検査によって異常が認められないにも関わらず、妊娠できない事を「原因不明不妊」しています。不妊の検査は下記のような検査を行います。

不妊検査 一般検査 精密検査
脳下垂体 LH,FSH,PRL測定、LHサージ TRH負荷試験、LHRH負荷試験
卵巣 基礎体温、E2、プロゲステロン、卵胞径計測 テストステロン、DHEAS、アンドロステンジオン測定
卵管 卵管通水、卵管通気、子宮管造影、抗クラミジア抗体検査 腹腔鏡検査
子宮 内診、超音波検査、内膜組織検査、子宮管造影 腹腔鏡検査、子宮鏡、MRI
頸管因子 頸管粘液検査、フーナーテスト 頸管粘液局所抗体
免疫学的 抗精子抗体 自己抗体
男性因子 精液検査 先体反応誘機能、DNA損傷

原因不明不妊の原因として考えられる症状

  • 着床障害・・・子宮内膜に受精卵が着床しない症状
  • 黄体期異常・・・黄体の形成や維持に異常があり、妊娠が継続できない症状
  • 子宮内膜の異常・・・着床が起こる子宮内膜が「分泌期内膜」でない症状
  • 黄体化未破裂細胞・・・卵胞が熟成しているにも関わらず、排卵をしないで、黄体化してしまう症状
  • 子宮内膜症・・・子宮の内側を覆っている組織が、子宮外側に増殖してしまう症状
  • 卵管因子・・・卵管内での受精卵の移動を阻害してしまう症状
  • 抗透明帯抗体・・・精子と卵子の結合を阻害してしまう症状
  • 染色体異常・・・配偶子に染色体異常があると、着床障害、流産を引き起こしてしまう症状

原因不明不と腹腔鏡の関係

原因不明不妊では、腹腔鏡の重要性を解く専門家もいます。腹腔鏡で異常がなくても、骨盤内の洗浄を行う事で、人身率が45%に上がったという報告もあります。

その他の不妊の原因




妊活.comの妊娠できるメルマガ【妊活通信】

妊活.comがお届けする「妊娠できるメールマガジン」【妊活通信】を是非ご覧下さい。厳選した妊活ニュースをお届けしています。
登録フォーム


サブコンテンツ

女性におすすめの商品広告



このページの先頭へ