子宮着床障害の原因を治療法【不妊の原因】

この記事を読むには約3 分かかります。

子宮着床障害の原因と治療方法

不妊治療

女性の不妊の原因の着床障害の原因と治療法をご紹介致します。

着床障害は女性の不妊の原因の中でも、比較的多い症状です。しかし、しっかりと治療を行う事で妊娠をする事が可能になります。
着床障害だからといって諦めないで下さい。きっと大丈夫です。

着床障害でも諦めないで

着床障害と言う原因が分かれば、後は治療をするだけです。
きっと、良い結果が待っています。もう少しの辛抱ですね。

子宮着障害とは

子宮着床障害とは、受精卵が子宮内膜に着床しない症状の事です。

妊娠とは、卵子と精子が出会って、その後受精卵が私有の内幕に着床する事で、成立をします。
何羅かの原因で、受精卵が着床しない症状を、「着床障害」と言います。着床できないという事は、妊娠が完了していないので、不妊となってしまいます。

着床と不妊の関係

着床と妊娠の関係をご説明致します。
まずは、妊娠のプロセスを説明します。

  1. 排卵:卵巣から卵管へ卵子が排出される
  2. 受精:精子が子宮を通過して、卵管の奥にある卵子と出会う
  3. 着床:受精卵が細胞分裂を行い、子宮へと行き、子宮内膜に着床する

妊娠とは、このように3つのプロセスを経て妊娠となります。
このプロセスの中で特に重要になるのは「着床」なのです。妊娠のプロセスの最終段階の「」着床は、妊娠したかどうかを最終的に決定する重要なポイントとなります。
医学的には「着床した時点で妊娠したとして扱う」という定義があります。したがって着床できない事は、不妊を意味しています。

「着床した時点で妊娠として扱う」となっていますので、着床後の問題は、医学的には「不育症」と呼ばれます。
不育症とは流産を繰り返す症状や病気の事です。症状やメカニズムが全く違いますので、しっかりと比較をした上で、治療に取り組んでいく事が重要になります。

人工授精、体外受精でも妊娠できない

着床障害の状態では、人工的に受精をさせる人工授精や体外受精でも妊娠をする事ができません。受精をした受精卵が着床する事ができないので、いくら受精させても妊娠する事はできません。
まずは着床障害の治療をしていく必要があります。

様々な着床障害

着床障害には大きく分けると3つの種類があります。

  1. 腫瘍などで、着床が阻害される場合
    子宮内膜症、子宮内膜ポリープ、子宮筋腫
  2. 子宮の形自体に問題がある場合
    子宮の発育不全、子宮の奇形
  3. 子宮内幕自体に問題がある場合
    子宮内膜が薄い、黄体機能不全、子宮内膜増殖症

このように着床障害には様々な原因があります。




妊活.comの妊娠できるメルマガ【妊活通信】

妊活.comがお届けする「妊娠できるメールマガジン」【妊活通信】を是非ご覧下さい。厳選した妊活ニュースをお届けしています。
登録フォーム


サブコンテンツ

女性におすすめの商品広告



このページの先頭へ