知ってた?アルコールが妊活中の女性に与える影響

この記事を読むには約3 分かかります。

不妊とアルコールの関係

不妊とアルコールの関係

妊活中のアルコールを飲み過ぎている女性が実は少なくありません。

妊活中にもかかわらず、どうしてもお酒が止められないという女性も少なくありません。
仕事のストレスや人間関係のストレス、付き合いなど、お酒を止める事ができない原因は様々ですが、妊活中の女性はアルコールを避ける方が懸命です。

ここでは、妊活中の女性とアルコールの関係、特に不妊とアルコールの関係をご紹介致します。

妊活中の女性とアルコールの関係

妊活中の女性はどうしてもストレスが溜まってしまいます。
そのため、どうしてもストレス解消の為にお酒を飲んでしまうという女性も実は少なくありません。
しかし、お酒が妊娠に与える影響は非常に大きい物です。少しくらいという事を考えないで、妊活中や、妊娠中にはアルコールは避けるようにして下さい。
男性も妊活中にはできるだけアルコールを控えるようにして下さい。ストレスが・・・という場合には、他のストレス解消方法を見つけるようにして下さい。

不妊とアルコールの関係

適度な飲酒は問題無いとは言われていますが、妊活中には控えるようにしましょう。
特に不妊治療中の女性はアルコールは厳禁だと思って下さい。また過度な飲酒は絶対に避けるようにしましょう。
過度な飲酒は、様々な不妊の原因になります。代表的な症状は下記の通りです。

  • 奇形の精子の増加
  • 勃起機能の低下
  • 生理不順
  • 排卵障害
  • 受精能力の低下

上記のように様々な不妊の原因を引き起こしてしまいます。

不妊とアルコールの関係の調査結果

「ブリティッシュ、メディカルジャーナル」によると430人の女性を対象にした調査で、1週間にワイン5杯(ビールでは中瓶4本、日本酒では4合)以上飲むと、受胎能力に影響があるという事が明らかになりました。
また、半年以上の調査を通して、飲酒量が上記以上の女性はそれ以下の女性に比べ、妊娠率は50%にも低下しているという調査結果が出ました。

毎日飲酒する習慣のある女性は、飲酒しない女性に比べ流産の可能性が2、5倍になるという結果も出ています。妊活を行っている女性は飲酒はできるだけしない方が良いでしょう。

妊活中の女性とアルコールの関係まとめ

妊活中の女性はアルコールを避ける方が懸命でしょう。
妊活中にはストレスがたまるので、少量のお酒でストレスを発散する事は問題無いという専門家もいますが、できればお酒以外でのストレスの解消方法を見つける方が良いでしょ。

お酒は自分では適量と思っていても、ついつい飲み過ぎてしまうという事もあります。気が付かない内に深酒なんて事も多いと思います。

また、妊活中はもしかしたら今現在妊娠している可能性があります。そうなると妊娠初期に深酒をしてしまうなんて事もありますので、妊活中にはお酒を控える方が懸命ですね。

妊娠するために知っておきたい 4つのポイント

妊活マカの選び方妊活葉酸の選び方
妊娠するために効果的なサプリメント妊娠出産にかかるお金




妊活.comの妊娠できるメルマガ【妊活通信】

妊活.comがお届けする「妊娠できるメールマガジン」【妊活通信】を是非ご覧下さい。厳選した妊活ニュースをお届けしています。
登録フォーム


サブコンテンツ

女性におすすめの商品広告



このページの先頭へ