副性器の障害の原因と治療方法【男性の不妊の原因】

この記事を読むには約2 分かかります。

不妊治療

副性器の障害と不妊の関係をご紹介いたします。
副性器という言葉はあまり聞いた事がないと思いますが、男性の不妊の原因となる事があります。
副性器の障害はきちんと検査をしないと分からないケースが多いので、心配な方は、専門医に相談する事をお勧めいたします。


副性器の機能障害

ひよこのつぶやき1

男性は不妊の原因が自分にあることを認めたくない方が多くいます。
男性も不妊にショックを受けるのですね。
でも、女性だけが辛い思いをする事はないよ、旦那さんもきっと分かってくれるよ。

副性器の障害と不妊

副性器機能障害とは、睾丸(精巣)意外に問題がある症状の事です。
男性の性器は睾丸なのです、睾丸以外の男性の性器は「副性器」と呼ばれています。この副性器に障害が起こると、精子の状態が悪化してしまい、不妊の原因をなります。

副性器の問題

男性の性器は「睾丸」と「副性器」に分類されます。
副性器は「精管」「精のう」「前立腺」「尿道線」「陰茎」に分類されます。

これらの副性器に異常が生じた場合には、精子の質が低下する事があります。精子の質とは主に運動性の事になります。
このような症状を「副性器機能障害」と良います。精子の運動性が低下してしまうと、卵管の奥に到達する前に精子が力尽きてしまいます。このため受精しなくて不妊に繋がってしまうのです。

副性器機能障害の原因

副性器機能障害は様々ですが、ほとんどのケースで、最近の感染による炎症が直接の原因となっています。

  • 精のう・・・この部分では精子の運動を活発化させる成分が作られています。結核菌やクラミジア等の性感染症になってしまうと。炎症をお越し腫れてしまう事があります。この場合には、精のう機能が低下してしまい、精子の運動性が低下してしまいます。
  • 前立腺・・・前立腺は精子の活動を支える重要な物質を生成しています。大腸菌やクラミジアなどの感染をすると、前立腺炎になりますので、精子の活力も低下をしてしまいます。
  • 精管・・・精管は精子の通り道です。精管に問題があると、精子の通りが悪くなり、精子自体の量が減ってしまいます。その結果妊娠しづらくなります。

副性器機能障害の原因は多くは、感染症なので、自覚症状があります。また、治療も比較的しやすいと言われています。悪化をすると生活に大きな支障を与えてしまいますので、妊活を成功させる為にも、健康の為にも、おかしいなと思ったら専門医の診察を受けて下さい。




妊活.comの妊娠できるメルマガ【妊活通信】

妊活.comがお届けする「妊娠できるメールマガジン」【妊活通信】を是非ご覧下さい。厳選した妊活ニュースをお届けしています。
登録フォーム


サブコンテンツ

女性におすすめの商品広告



このページの先頭へ