ホルモン療法の治療方法とは【不妊治療】

この記事を読むには約4 分かかります。

ホルモン療法

ホルモン療法についてのご説明を致します。

ホルモン療法とは、不妊の原因を取り除く治療ではなく、ホルモンのバランスを整え、妊娠しやすい身体にする事が目的です。

日頃から、規則正しい生活を送りホルモンの状態を最適に整える事が重要です。


ホルモン療法について

ひよこのつぶやき1

ホルモンのバランスを整えると、良い事ばかり!美容にも良いのです。

ホルモン治療法

ホルモン治療法とは、ホルモン剤を用いて、体内のホルモンバランスを整える事で、妊娠しやすい身体にする治療法です。
不妊の原因には、ホルモンの分泌異常が関わっているケースが多く、男女問わずに行われる治療法です。

排卵障害の治療

女性に排卵がない場合には、排卵を促す為にホルモン剤の「ホルモン誘発剤」を使用します。症状が比較的継承の場合には、「クロフェルミン製剤」や「シクロフェニン製剤」等の内服薬で排卵を促します。

着床障害の治療

黄体ホルモンの分泌が悪くなると、子宮内膜が厚くならずに、受精卵が着床できない状態になります。この場合には「黄体ホルモン製剤」を投与して子宮内膜を整える治療が行われます。

子宮内膜症の治療

子宮内膜症の治療には、巣術以外にはホルモン療法も用いられます。子宮内膜症はエストロゲンというホルモンの分泌によって進行してく事から、エストロゲンの分泌を抑制する「アゴニスト製剤」や「ダナゾール製剤」というホルモン剤を投与します。

造精機能障害の治療

男性の精子の数や運動率が悪い場合には「男性ホルモン製剤」で直接男性ホルモンを補充したり、男性ホルモンの分泌を促す為に、「クロミフィン製剤」や「HMG製剤」「HCG製剤」の投与を行います。

ホルモン剤の効果と副作用

ホルモン剤は即効性が高く不妊の治療において非常に良く使われます。しかし、その反面、協力な作用によりからだに様々な副作用が発症する事あります。

代表的な副作用

ホルモン療法の代表的な副作用のご紹介

ポイントアイコン赤

クロミフィン製剤の効果と副作用

主な効果

  • 排卵を誘発する
  • 複数の卵子を育てる

主な副作用

  • 頭痛、めまい、目のかすみ、吐き気、食欲不振、ほてり、抗うつ
  • 卵巣が晴れ上がる(卵巣過剰刺激症候群)
  • 多胎妊娠

HMG製剤、FSH製剤の効果と副作用

主な効果

  • 排卵を誘発する
  • 複数の卵子を育てる

主な副作用

  • 発熱、関節痛
  • 卵巣が晴れ上がる(卵巣過剰刺激症候群)
  • 多胎妊娠(約20%)

HCG製剤の効果と副作用

主な効果

  • 排卵を促す
  • 着床率のアップ

主な副作用

  • 発疹、めまい、頭痛、不眠、抗うつ、疲労感
  • 卵巣が晴れ上がる(卵巣過剰刺激症候群)

黄体ホルモン製剤の効果と副作用

主な効果

  • 着料率のアップ
  • 妊娠状態の維持

主な副作用

  • 頭痛、吐き気、眠気、食欲不振、乳房の腫れ、むくみ、発疹
  • ルトラールの服用で、静脈の中に決戦ができる場合がある

GnRHアゴニスト製剤の効果と副作用

主な効果

  • ホルモンの分泌の促進
  • 連続投与する事で、ホルモンの分泌の抑制

主な副作用

  • 火照り、のぼせ、抗うつ、膣感想などの更年期障害
  • 下腹部の痛み、不正出血
  • 骨粗鬆症

ダナゾール製剤の効果と副作用

主な効果

  • ホルモン分泌の抑制

主な副作用

  • ニキビ、体重増加、肩こり、むくみ、ほてり、のぼせ、膣乾燥
  • 毛深くなる、声が低くなる、乳房が小さくなるなどの、男性化症状
  • 静脈の中に、血栓ができる事がある
  • 肝機能の低下、肝機能障害

関連情報




妊活.comの妊娠できるメルマガ【妊活通信】

妊活.comがお届けする「妊娠できるメールマガジン」【妊活通信】を是非ご覧下さい。厳選した妊活ニュースをお届けしています。
登録フォーム


サブコンテンツ

女性におすすめの商品広告



このページの先頭へ