不妊に効果のある漢方薬【不妊治療】

この記事を読むには約3 分かかります。

漢方薬

不妊治療に効果のある漢方薬をご紹介致します。

漢方薬は自然由来ですので、基本的には妊娠中にも安心な物が多いのですが、妊活や妊娠中には必ず専門家に相談をして下さい。

漢方薬とサプリメントと合わせる場合にも専門家に相談をする事をお勧め致します。

⇒妊活に効果のあるサプリメント、詳しくはコチラ

不妊治療に効果のある漢方

ひよこのつぶやき1

最近では妊活で漢方を使用する方が増えてきました。それだけ漢方の効果があるということなのでしょう。
漢方は副作用がないので安心です。気休めではない効果があります。

不妊治療と漢方薬

漢方では、不妊の原因かも外からのストレスや体質、食生活の不摂生か等様々な要因を改善する為に、体質を改善する事で、妊娠しやす身体にしていく効果があります。

男性、女性共に大きな病気や原因がある訳ではないのに、なかなか妊娠できないという場合には、管法は有効な手段と言えます。

体質別の不妊症の対処法と養生法

腎蔵の機能が弱い
先天的に虚弱体質で、女性的な身体つきになっていなかったり、思春期に無理なダイエットを行い生理がストップしてしまったような場合にの不妊症のケース

人間の身体は生命活動を守る為に、無理な上体になると、生命維持に関係のない生殖機能の働きをいったん停止させてしまいます。その為に生理が来なかったり、不妊症になってしまうのです。
このような場合では、ホルモンバランスと整えたり、生殖機能の働きを担う腎臓の働きを高める事が重要になります。
漢方約としては下記のものが代表的です。

  • 八味丸(はちみがん)
  • 六味丸(ろくみがん)

精神的なストレス
ストレスを感じてしまう事によって、自立神経のバランスが崩れてしまい、生理のリズムが崩れたり、排卵障害を起こしてしまうケースがあります。
特に排卵障害の場合にはこのようなケースが多く、緊張によって、卵管のぜんどう運動が阻害されてしまい、排卵ができない様な場合があります。

イライラしてしまう事が多くなったり、便秘と下痢を繰り返すような時には、ストレスによって自律神経がバランスを崩している事が多くあります。
このような場合に効果がある漢方薬は下記のものが代表的です。

  • 加味逍遥散(かみしょうようさん)
  • 抑肝散加陳皮半夏(よくかんさんかちんぴはんげ)

食生活の不摂生
食生活が偏り、脂っこいもの、生もの、甘いものなどを過剰に摂取すると、体内に余分な水分が貯まってしまい、血流が悪くなる事があります。このようなケーヅでは排卵が上手くできなかったり、栄養分を胎児にとフォケル事ができなくなります。

めまいや動機、吐き気、肥満、生理周期が長い、経血量が少ない、無月経、おりものの増加などはこのような場合の症状としてあります。
このような症状に効果がある漢方薬の代表的なものは下記のようなものがあります。

  • 二陳湯(にちんとう)
  • 温胆湯(うんたんとう)

血行不良
冷え性や自立神経のバランスの崩れ等により、血流不良が起こります、血流不良になると、排卵機能が低下する為に不妊症になります。最近の女性では不妊症の原因としてこの血流不良が多いケースです。

冷え性から血流不良になっている場合には、冷え性の改善が必要になります。下半身はできるだけ温めて、服装にも注意をして下さい。
代表的な漢方薬としては、下記のようなものがあります。

  • 桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
  • 温経湯(おんけいとう)

このページでは代表的なものを紹介しましたが、漢方薬を購入する時には専門家に相談をする事をお勧め致します。




妊活.comの妊娠できるメルマガ【妊活通信】

妊活.comがお届けする「妊娠できるメールマガジン」【妊活通信】を是非ご覧下さい。厳選した妊活ニュースをお届けしています。
登録フォーム


サブコンテンツ

女性におすすめの商品広告



このページの先頭へ