人工受精とは【不妊治療】

この記事を読むには約2 分かかります。

不妊治療

不妊治療のステップアップの「人工授精」のご説明を致します。

不妊治療を行っている方の中には人工受精体外受精顕微鏡受精を同じ物と思っている方もいるのですが、この3つは全く違う物になります。

中でも、人工授精は最も自然妊娠に近い妊娠になります。


人工受精について

ひよこのつぶやき1

人工授精は自然妊娠をほんの少し手助けするだけです。
人工受精と言っても、身構えないで、少しステップをスキップする手助けをするだけです。

人工授精とは

人工受精とは、事前処理によって選考、濃縮した精子を子宮内に直接注入し、卵子と精子が出会う確率を高める不妊治療の方法です。
子宮内に注入された子宮は、自力で卵管内に移動をします。排卵後に卵管内に取り込まれた卵子と自然に出会います。
「人工授精」とは言いますが、きわめて自然妊娠と近い形の妊娠になります。

人工授精はタイミング療法で妊娠しなかった場合の次のステップになります。

人工授精を行うケース

  • タイミング療法を複数回実施しても、妊娠に至らない場合
  • 勃起障害や射精障害、性交障害がある場合
  • 精子の運動性や濃度に問題がある場合
  • 頸管因子(子宮頸部の狭窄や頸管粘液の減少など)が完全に否定できない場合(精子の通過障害)
  • 抗精子抗体が中等度陽性である場合
  • 精子量が少ない場合
  • 不妊症の原因が原因不明の場合

上記のような場合には人工受精が適用されます。しかし、いずれの場合も卵管通過障害がない事が前提になります。

人工授精のメリット

  • 比較的容易にできる治療法であり、ある程度の妊娠率を確保できる
  • スピーディーに行え、痛みもほとんどない治療
  • 身体への負担が少ない
  • 自費診察だが、費用が高額ではないため経済的負担が少ない

人工授精の手順

  1. タイミング療法と同様、排卵の時期を調べる
    超音波検査、血液検査を行い、排卵の時期を予測する。
  2. 精液の採取
    自宅あるいはクリニックで精液を自己採取する。
  3. 精液の調整
    精液を濃縮して成熟した運動性の良好な精子を遠心分離機で回収する
  4. 人工授精
    採取した精液を子宮内に注入ほとんどの場合には痛みはありません



妊活.comの妊娠できるメルマガ【妊活通信】

妊活.comがお届けする「妊娠できるメールマガジン」【妊活通信】を是非ご覧下さい。厳選した妊活ニュースをお届けしています。
登録フォーム


サブコンテンツ

女性におすすめの商品広告



このページの先頭へ