体外受精と顕微鏡受精とは【不妊治療】

この記事を読むには約2 分かかります。

顕微鏡受精

不妊治療の治療法の「体外受精」「顕微鏡受精」のご説明を致します。

人工授精体外受精、顕微鏡受精を同じ物と勘違いをいている方も多いのですが、実は全く違う治療法になります。

体外受精と顕微鏡受精は受精卵を作る事が難しい場合に行う方法です。


体外受精、顕微鏡受精について

ひよこのつぶやき1

人工受精からのステップアップの体外受精、顕微鏡受精です。
遠回りをするよりも、近道を探した方が良い事もあります。

体外受精、顕微鏡受精とは

体外受精、顕微鏡受精とは「体外での妊娠」を行う治療法です。
「体内での受精」を助ける不妊治療とは違い、女性の身体に取っては負担が大きい治療法になります。しかし、不妊の原因によって最適な治療を行う事が重要です。妊活の第一のゴールは赤ちゃんを妊娠する事ですので、体外受精でなければ、妊娠が難しいようなケースでは、遠回りをしないで、体外受精をする方が最適なケースもあります。

体外受精の対象になる不妊の原因

体外受精の対象になるのは、一般不妊治療では妊娠が難しい場合です。また、原因不明不妊の場合にも体外受精の対象となります。

  • 卵管障害
  • 男性不妊
  • 抗精子抗体
  • 子宮内膜症
  • 原因不明不妊

上記の様な場合には「体外受精」の対象になります。

体外受精の流れ

  1. 採卵(女性)
    卵巣刺激剤で十分に卵子を成熟させ卵巣から採取します。
    排精(男性)
    精子洗浄濃縮法およびスイムアップ法で採取した精子を回収します。
  2. 媒精
    卵子の周辺に一定数の精子を置き、自然受精を行わせます。
  3. 培養
    受精を確認して体内環境に似た培養器の中で受精卵の発育を促します。
  4. 胚移植
    胚(分割卵または、胚盤胞)を子宮に戻します。

体外受精は受精の工程はあくまで自然受精の力に任せます。

顕微鏡受精とは

体外受精は培精の段階であくまで自然受精を期待しますが、顕微鏡受精では、顕微鏡下で卵子の中に直接、精子を注入します。
つまりは、体外受精と顕微鏡受精は受精方法の違いになります。

妊娠するために知っておきたい 4つのポイント

妊活マカの選び方妊活葉酸の選び方
妊娠するために効果的なサプリメント妊娠出産にかかるお金




妊活.comの妊娠できるメルマガ【妊活通信】

妊活.comがお届けする「妊娠できるメールマガジン」【妊活通信】を是非ご覧下さい。厳選した妊活ニュースをお届けしています。
登録フォーム


サブコンテンツ

女性におすすめの商品広告



このページの先頭へ