排卵障害の治療方法とは【不妊治療】

この記事を読むには約3 分かかります。

排卵障害

排卵障害とは

不妊の原因の「排卵障害」の治療法をご説明致します。

不妊の原因として多い症状になりますが、排卵誘発剤やタイミング療法を行う事で、妊娠をする可能性が高くなります。

不妊治療においては、排卵誘発剤+タイミング療法の組み合わせは最も効果のある治療法と言われています。


排卵障害の治療法について

ひよこのつぶやき1

排卵障害というと非常に大変な病気に聞こえますが、気を楽にして下さい。治療を行えば、良い結果が出ます。きっと大丈夫だよ。

排卵障害の治療法とは

排卵障害の治療法については、薬物療法+タイミング療法が中心になります。
薬で排卵誘発を行いながら、排卵のタイミングを合わせて性交渉を行います。

視床下部、下垂体排卵障害についての治療

「クロフェン+タイミング療法」を選択される事が多いです。
この治療法で約3ヶ月〜6ヶ月間様子を見て、もし上手く行かなければ「HMG(FSH)-HCG療法」以降する事になります。
検査値で明確に原因が分からなくても治療を開始して、妊娠すれば排卵障害と分かります。原因が特定できないケースでも、この治療法を実施するパターンが多いです。

クロフェンとは

排卵誘発剤クロフィン製剤と言います。
クロミフィンは、視床下部の脳下垂体に働きかけ卵胞細胞刺激ホルモン(FSH)や黄体ホルモン(LH)の分泌を促します。卵胞を育てる効力が強い薬です。
薬の価格も安く、不妊治療の初期には、よく使われる治療法です。

クロミフィンは長期間使用すると副作用が出るケースがありますので、注意が必要です。
具体的には、頸管粘液の減少、子宮内膜が薄くなる、というような副作用があります。
したがって一定の期間、治療をして効果が各にンできない時には次議のステップに進む必要があります。

HMG(FSH)-HCG療法とは

タイミング療法+クロミフィンで妊娠しなかった場合には、次のステップのHMG(FSH)-HCG療法に進みます。
HMGの薬剤には、卵子の入った卵胞を育てる作用があります。その作用で、ホルモンを育てて、卵胞の大きさが約20㎜くらいになるとHCGを投与して排卵を促す治療法です。

副作用について

排卵誘発剤の副作用には3つの注意点があります。

OHSS(卵巣過剰刺激症候群)
HMG(FSH)-HCG療法の副作用で最も怖いのがOHSS(卵巣過剰刺激症候群)です。発症頻度は約10%〜20%ですが、場合によっては、重症化してしまい、卵巣が腫れ20㎝くらいになり、腹水が貯まる事もあります。
※この副作用は、良く分かる副作用ですので、過剰に心配をしないで、自分の体の状況をしっかりと確認をして、担当の先生に伝えて下さい。

多胎
排卵誘発剤で卵胞が複数発育していれば多胎の可能性があります。
多胎は副作用と言われているのには理由があります。

  1. 弧度の数が多ければ多い程、母子ともに妊娠中毒症状の合併症の危険性が飛躍的に上昇する為
  2. 無事に生まれたとしても、その後の経済的なもんないとケアの問題

アレルギーの問題
HMG製剤は尿由来のホルモン剤です。尿からホルモンを抽出するのものです。したがってアレルギー反応をこしやすく、注射時の強い痛みや注射したときの部位の赤い腫れ等を起こすケースがあります。

効き目の面ではHMGの効果が勝ると言われており、この選択はその都度、体の状況を確認して医師が決定致します。

※タイミング療法とこれらの薬物療法の組み合わせは不妊治療で最も効果の高い治療法と言われています。




妊活.comの妊娠できるメルマガ【妊活通信】

妊活.comがお届けする「妊娠できるメールマガジン」【妊活通信】を是非ご覧下さい。厳選した妊活ニュースをお届けしています。
登録フォーム


サブコンテンツ

女性におすすめの商品広告



このページの先頭へ