不妊治療にかかるお金

この記事を読むには約2 分かかります。

お金

不妊治療にかかるお金のこと

不妊治療にはお金がかかります。どの程度の金額がかかるのかはなかなか分からないという方も多くいますので、今回は妊活、特に不妊治療にかかるお金のことをご紹介致します。
不妊治療は今や大きな関心になっています。
国立人工問題研究所の調査では、3組に1組の夫婦が「妊娠できないこと」に不安を感じているそうです。不妊治療の制度の利用件数も、年々増加傾向にあります。
不妊治療制度の利用件数は初年度は17657件だったのに対して、2012年度には112642件と大幅に増加しています。

不妊治療によっても費用は様々

不妊の治療はその治療方法によって費用は様々です。
「不妊症」かどうかを検査する「不妊検査」でも約1〜4万円かかります。検査の結果、不妊治療が必要になった場合には、症状に応じた治療が行われます。
不妊検査で不妊症と診断された場合には、基礎体温や超音波検査を行う「タイミング療法」を行います。
タイミング療法の場合には約3000円〜15000円の費用が必要になります。
タイミング法を試しても、妊娠しない場合には「人工授精」を行うケースが多く、人工授精の費用は約15000円〜35000円となります。
不妊治療を行っている夫婦の大半は不妊治療に約100万円の治療費がかかっているというデータもあります。

自治体の助成も確認

不妊治療には多くのお金がかかります。
そこで、チェックをしたいのが、「特定不妊治療費助成費用」です。この制度は体外受精や顕微鏡受精1回につき15万円までの金額が戻ってくる制度です。しかし、2016年度〜は変更され、43歳以上の方は受給対象外となってしまいます。40歳以上の方は通算3回までを制限されます。

不妊治療はお金のことも心配になってしまいますので、すこしでも、助成してもらえる制度は利用する用意しましょう。




妊活.comの妊娠できるメルマガ【妊活通信】

妊活.comがお届けする「妊娠できるメールマガジン」【妊活通信】を是非ご覧下さい。厳選した妊活ニュースをお届けしています。
登録フォーム


サブコンテンツ

このページの先頭へ