不妊症を発症させずに【子宮内膜症】の治療が可能!

この記事を読むには約2 分かかります。

不妊を発症させることなく【子宮内膜症】の治療が可能!

投薬治療

不妊症を発症させることなく【子宮内膜症】の治療が可能の時代になりました!

不妊症を発症させないで子宮内膜症の治療ができる

子宮内膜症の新薬が開発されました。
不妊を発症させることなく子宮内膜症の治療が可能になるようです。

子宮内膜症の新薬開発に成功

イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校のベニータ・S・カッツェネルンボーゲン教授(Benita S Katzenellenbogen)ら研究チームは、子宮内膜症治療に効果がある新薬2種類「chloroindazole」 「oxabicycloheptene sulfonate」の開発に成功したと発表をされました。

この新薬は、投薬療法のさいに副作用として発症してしまう不妊の症状を発症させることなく、子宮内膜症の治療を可能にするということです。

子宮内膜症と不妊の関係

現在、子宮内膜症を患っている患者のうち、約半数以上は不妊症の症状を合併していると言われています。子宮内膜症によって起こる不妊と、子宮内膜症を治療することによって発症する不妊があると考えられています。

子宮内膜症の投薬治療の方法では、エストロゲンの分泌量を正常値に保つことで症状を緩和させる療法が行われるが、ホルモン療法にて、月経のコントロール、排卵のコントロールが行われるので、不妊の症状を引き起こすリスクがあります。投薬療法をやめると、不妊症の症状は改善されるが、反面「子宮内膜症」の症状は悪化してしまう。

手術による治療法もあるが、一時的に子宮内膜症の症状や痛みは良くなるが、再発のリスクが高いのが問題となっています。

新薬は投薬療法のみで完治可能!?

新薬は研究では、マウスでの臨床試験結果の結果では、新薬を投薬することで生殖組織内の病変が萎縮して、新しい病変の発症は見られなかったとのこと。
カッツェネルンボーゲン教授ら研究チームは、人間に対してもこのような効果が期待できると考えているとのことです。

オックスフォード大学のクリスチャン・ベッカー(Christian Becker)氏は、新薬は現状では、改善の余地はあるが、将来的には新薬の投薬治療のみで子宮内膜症の症状を完全に除去できると考ええているそうです。

妊娠するために知っておきたい 4つのポイント

妊活マカの選び方妊活葉酸の選び方
妊娠するために効果的なサプリメント妊娠出産にかかるお金




妊活.comの妊娠できるメルマガ【妊活通信】

妊活.comがお届けする「妊娠できるメールマガジン」【妊活通信】を是非ご覧下さい。厳選した妊活ニュースをお届けしています。
登録フォーム


サブコンテンツ

女性におすすめの商品広告



このページの先頭へ