実は以外に多い【二人目不妊】の原因

この記事を読むには約2 分かかります。

実は以外に多い!【二人目不妊】

二人目不妊

実は多くの妊活女性が悩んでいる「二人目不妊」

二人目不妊とは、簡単に説明をすると一人お子さんがいて、その後になかなか妊娠する事が出来ない状態の事を言います。特に流産の歴は問いません。
一度も妊娠をしたことがない場合には、「原発性不妊」と言い、一度でも妊娠を妊娠をしたことがある場合には「続発性不妊」というのです。
また、流産を繰り返してしまうような場合にも、2回流産をする事を「反復流産」、3回流産を繰り返す事を「習慣流産」といます。

このページでは、「続発性不妊」俗に言う二人目不妊のご説明をしていきます。

二人目不妊かな?と思ったら

二人目不妊は、一人お子様がいてその後なかなか妊娠をする事が出来ない状態です。
基本的には、全開の一人目の出産後に母乳を与える期間が終了してからを不妊の期間としてカウントしますので、授乳が終ってから2年間妊娠する事が出来なければ二人目不妊の可能性を考えましょう。

しかし、一人目を妊娠、出産することができていますので、基本的には妊娠する可能性は高いのですが、不妊の検査は受けるようにして下さい。
多くの夫婦が一人目が妊娠する事ができているので、様子をみて「いつかはできるよ」なんて考えているようです。しかし、年齢は待ってくれないので、検査を受けて早めに対策をすることが大切になるケースもあります。

様子を見ている内に高齢になっていて余計に妊娠しにくくなるなんてケースも少なくありません。

二人目不妊の主な原因

二人目不妊の主な原因は下記のような原因があります。

二人目不妊の原因は様々蟻ますが、主な原因は上記のような原因になります。
それぞれの原因について、ご説明をしていますので、ぞれぞれの原因をクリックして下さい。




妊活.comの妊娠できるメルマガ【妊活通信】

妊活.comがお届けする「妊娠できるメールマガジン」【妊活通信】を是非ご覧下さい。厳選した妊活ニュースをお届けしています。
登録フォーム


サブコンテンツ

女性におすすめの商品広告



このページの先頭へ