二人目不妊の原因【年齢の違い】

この記事を読むには約2 分かかります。

二人目不妊の原因【一人目出産との年齢の違い】

二人目不妊の原因年齢

一人目の妊娠、出産の時とは年齢が違います。

二人目不妊の最も多い原因の一つの年令の変化です。
当然、一人目の出産の時とは違い時間が経過しています。中には35歳を超えている場合も少なくありません。35歳以上の妊娠、出産を高齢出産と言い、妊娠の可能性が低くなります。これは個人差もありますし、1年、2年で劇的に変化する訳ではありませんが、確率は当然低くなります。

年齢の違いによる妊娠率の変化

年齢による妊娠の確率は個人差がありますし、1〜2年で劇的に変化しないかもしれませんが、統計的にみると、卵子の質の低下と卵巣の機能低下は年齢と共に進みます。
そうなると当然、排卵誘発剤に対しての反応も低下しますし、発育する卵胞の数も減少してしまいます。

また、高齢になっての妊娠では、「子宮内膜症」「子宮筋腫」「子宮腺筋症」「卵巣腫瘍」などの婦人科系の病気になるリスクも高くなります。せっかく妊娠出来たとしても流産になってしまう可能性が高くなるのです。

一人目の時とはほんの少し違う年齢が原因となり二人目不妊となっている女性も本当に多くいるのです。
二人目を望んでいるのであれば、不妊となる期間を経過したらすぐにでも、検査を行って下さい。
決して一人目が妊娠出来たのだから、様子を見ようなんてことは考えずに、原因を探すようにしましょう。




妊活.comの妊娠できるメルマガ【妊活通信】

妊活.comがお届けする「妊娠できるメールマガジン」【妊活通信】を是非ご覧下さい。厳選した妊活ニュースをお届けしています。
登録フォーム


サブコンテンツ

女性におすすめの商品広告



このページの先頭へ