二人目不妊の女性は必見!卵管の環境の変化

この記事を読むには約1 分かかります。

卵管の環境が変化をしてしまった

二人目不妊卵管の環境

卵管の環境が変化したことによる二人目不妊の原因

一人目が自然妊娠している場合には、子宮卵管の造影検査は行っていない女性が多いと思います。
子宮の造影検査を行うとクラミジアや子宮内膜症が分かるのですが、その検査を行っていない場合にはもしかしたら、何らかの原因で卵管が閉塞している可能性があります。

もしかしたら卵管閉塞の可能性もあります

一人目の出産の時には、クラミジアや子宮内膜症で元々、卵管の片方が閉塞している状態で妊娠が成立していた可能性があります。
その場合には、その後の経過で、閉塞していなかった片方の卵管が閉塞したり、癒着でしっかりと機能しない状態になってしまうケースもあります。
このよう状態になると妊娠できる可能性が少なくなります。

また、一人目のお子さんを出産した後の、細菌感染症などによる卵管の環境の悪化も二人目不妊の原因になります。
なかなか二人目を妊娠することが出来ないようなときには、卵管造影検査を検討する必要があるのかも知れません。




妊活.comの妊娠できるメルマガ【妊活通信】

妊活.comがお届けする「妊娠できるメールマガジン」【妊活通信】を是非ご覧下さい。厳選した妊活ニュースをお届けしています。
登録フォーム


サブコンテンツ

女性におすすめの商品広告



このページの先頭へ