出産するなら「男の子」?「女の子」?どっち?

この記事を読むには約3 分かかります。

赤ちゃん

出産するなら「男の子」「女の子」どちらが良いの?

産むならどっち?「男の子」と「女の子」の特徴のまとめ

生むなら、男の子、女の子のどっちが希望?

赤ちゃんの性別は選ぶ事は出来ません。
今では、産み分けと言って、かなりの確率で「男の子」と「女の子」を海分かる事が可能と聞いた事がありますが、しかし、完全に産み分ける事は現在では不可能です。
子供の性別を選ぶ事は出来ませんが、出産の時に向けて心構えをしてイメージをしておく事も重要です。
子供を育てる上での「男の子」と「女の子」の特徴をご紹介します。


スポンサードリンク


「男の子」と「女の子」の特徴

「男の子」と「女の子」の特徴をご紹介します。
結局は「男の子」「女の子」のどちらでも、自分の子供だったらかわいいのです。

男の子の特徴

    男の子の特徴

  • 体の成長がゆっくり
  • 恋人気分を満喫できる
  • 男心が分かるようになる

体の成長がゆっくり
実は「女の子」に比べて「男の子」は育てにくいと言われています。
女の子に比べて体が弱く、発育もゆっくりなのが男の子です。
また男の子はとても繊細で小さな物音でも起きてしまい号泣するのです。ママじゃないとなつかないなんて子もいます。

恋人気分が味わえる
女の子はすぐに大人になってしまいます。
しかし、男の子はいつまでたってもママを慕ってくれる甘えん坊です。
一緒にいると、小さな恋人が出来た気分になるようです。結局、男の子はマザコンなんですね。

男心が分かるようになる
男の子はママに取っては異性です。考え方の違いがあるので、大変というママもいます。
しかし、男の子を育てる事で男の生体が分かり男心が分かるようになります。
旦那さんのコントロールも上手になるかも・・・


スポンサードリンク


女の子の特徴

    女の子の特徴

  • 察しが良い子が多い
  • 洋服などのオシャレを楽しめる
  • 大きくなっても友達感覚

察しが良い子が多い
女の子が育てやすいと言われる原因の一つが察しが良い子が多いからです。女の子の方が様々な事に対しての対応力があるのです。
しかし、一方で察しが良くすぐに大人になるので、ママと口げんかが大変と言う意見もあります。
大人顔負けの知恵があるのも女の子の特徴です。それに対応するのも一苦労というママさんもいます。

洋服等のオシャレが楽しい
女の子はなんといってもオシャレを一緒に楽しめます。
男の子では出来ないオシャレが一番の特徴では無いでしょうか?
子供と一緒にペアルックなんてママさんも少なくありません。

大きくなっても友達感覚
女の子は大きくなっても友達感覚で接する事ができるという意見も多くあります。
洋服の貸し借りやバックを共同で持ったりと楽しんでいるママさんも多いようです。
また、家事のお手伝いもしてくれるので、ママに取っては頼もしい協力者になってくれます。

一般的な特徴をご紹介しましたが、一人ひとり個性は異なります。
どのような子育てがあっているのかはママさんが見極めるようにして下さい。
妊活にしても、子育てにしても、楽しんでやる方がきっと良い結果に繋がります。

妊娠するために知っておきたい 4つのポイント

妊活マカの選び方妊活葉酸の選び方
妊娠するために効果的なサプリメント妊娠出産にかかるお金

スポンサードリンク




妊活.comの妊娠できるメルマガ【妊活通信】

妊活.comがお届けする「妊娠できるメールマガジン」【妊活通信】を是非ご覧下さい。厳選した妊活ニュースをお届けしています。
登録フォーム


サブコンテンツ

このページの先頭へ