卵子の年齢を知っていますか?【妊活の勉強】

この記事を読むには約2 分かかります。

卵子の年齢を知っていますか?
妊活の勉強
卵子の年齢は【自分の年齢プラス1歳!】

卵子の年齢を知る

日本では妊孕性(妊娠のしやすさ)の知識がまだまだ低いのが現状です。
ある研究結果では、不妊治療中の患者さん417人に対して行った意識調査では「45歳以上でも妊娠できる」と考えている人が約77%もいたそうです。
同じ質問を不妊治療経験の無い女性167人にしたところ、約8割が「45歳以上でも妊娠が可能」と回答しています。
40歳以上の妊娠率が低いこともなんとかなると思っている人が非常に多いことに驚きます。

「誰も教えてくれなかった卵子の話」の著者は、妊孕性の知識の低さが、その他の先進国に比べてあまりにも低い事に聞き感を感じて、本書を執筆することを決めたそうです。


スポンサードリンク


卵子の数は減っていく一方です

卵子の数は、胎児の時に決定していて、成長しても増えるものではありません。
胎児の時には700万個ほどあった卵子も生まれるときには約200万個程度に減少しているそうです。
そのために卵子の年齢は、胎児の期間をカウントして、自分の年令プラス1歳となるそうです。

卵子の数は、月経が始まると毎月排出され、それ以外でも月に数百個が自然消滅していくと言われています。

正しい知識で不妊を予防する

いつかは妊娠して子供を産みたいと考えている方は、妊孕性、妊活の正しい知識をみにつけて下さい。
不妊治療をして初めて、卵子の数が減少していくこと、40歳以降の妊娠率の低さを知る方が多い現状ですので、知っておくことで防げる不妊があります。

いつか妊娠と考えているのであれば、妊娠の事、妊活の事を調べるのは、今すぐにしてもらいたいと思います。

誰も教えてくれなかった卵子の話

新品価格
¥994から
(2014/8/7 23:16時点)

妊娠するために知っておきたい 4つのポイント

妊活マカの選び方妊活葉酸の選び方
妊娠するために効果的なサプリメント妊娠出産にかかるお金

スポンサードリンク




妊活.comの妊娠できるメルマガ【妊活通信】

妊活.comがお届けする「妊娠できるメールマガジン」【妊活通信】を是非ご覧下さい。厳選した妊活ニュースをお届けしています。
登録フォーム


サブコンテンツ

女性におすすめの商品広告



このページの先頭へ