受精卵移植のタイミングが予測可能に!

この記事を読むには約3 分かかります。

妊活中の女性は必見!受精卵移植のライミングが予測可能に!

子宮内膜着床能検査

受精卵移植のタイミングが予測可能になりました。

受精卵移植のタイミングが予測できるようになる!

これまでは、子宮が受精卵をを受け入れられる期間は2日〜4日と言われてきました。また、受容期間は一定の期間をサイクルとして繰り返されると言われてきました。
しかし、最近の研究では、受容期間には個人差があり、そのサイクルには、数日間の誤差があることが判明しています。

子宮の受容期間

子宮の受容期間外に受精卵の移植を行った場合には、受精卵は子宮に着床することができないので、当然妊娠することができません。
体外受精の主な失敗の原因は、子宮の受容期間以外の時に受精卵を子宮に戻したとが原因を考えられます。
今回の研究で、受容期間の個人差が判明すると体外受精の成功率が飛躍的に上がる可能性がありますので、本当に期待ができます。

実際に、IVIクリニック・マドリードのフアン・ガルシア・ベラスコ教授(Juan Garcia-Velasco)は、受精卵移植の失敗の原因は移植のタイミングノ誤りが約15%もの割合にのぼると述べています。

受精卵移植のライミングを測る検査【ERA検査】

受精卵移植のタイミングを測る検査方法の【ERA検査】とは
ERA検査とは、子宮内膜着床能検査といい、ガルシア・ベラスコ教授の研究チームが考案した検査方法です。
【子宮内膜着床能検査(ERA検査)】とは、子宮内膜の生体組織検査を行い、子宮内膜が着床可能な状態にあるかどうかを遺伝子レベルで検査するという検査方法になります。
この検査方法によって、個人ノ生殖周期や受容期間が予測することができ、受精卵移植に最適なタイミングで体外受精を行うことができます。当然、最適なタイミングでの体外受精ですので、成功率は飛躍的に高まることが期待できます。

子宮内膜着床能検査は今まで、受精卵移植で3回以上失敗をした経験がある若い女性や受精卵移植の失敗の経験が2回以上ある37際以上の女性に対して特に推奨をしています。

子宮内膜着床能検査の可能性

子宮内膜着床能検査(ERA検査)の可能性は、非常の大きな可能性を秘めている。
受精卵移植を失敗した17人の女性を対象にし予備実験を行ったところ、9人は体外受精によって妊娠、出産に至ったという実験のデータがあります。
また、現在、ガルシア・ベラスコ教授の研究チームは、受精卵移植の失敗経験のある2500人の女性を対象に国際的な臨床実験を実施中ということです。

このような研究の結果、新しい検査方法が考案されて、妊娠を望んでいる全ての妊活女性が妊娠することができる世の中もすぐそこまで近づいているのでしょう。

妊娠するために知っておきたい 4つのポイント

妊活マカの選び方妊活葉酸の選び方
妊娠するために効果的なサプリメント妊娠出産にかかるお金




妊活.comの妊娠できるメルマガ【妊活通信】

妊活.comがお届けする「妊娠できるメールマガジン」【妊活通信】を是非ご覧下さい。厳選した妊活ニュースをお届けしています。
登録フォーム


サブコンテンツ

女性におすすめの商品広告



このページの先頭へ