妊活中の女性は雪道には特に注意! 【冬の妊活】

この記事を読むには約3 分かかります。

妊活中の大雪に注意

妊活中の大雪には十分に用心して下さい!

妊活中に雪が降ったら、外出は控えましょう!

妊活中には雪が降ってもはしゃいだり、庭を駆け回ったりはしないようにしましょう。

妊活中の女性は身体の冷えが禁物です。いくら雪で楽しくなっても、部屋の中で暖かくしておきましょう。


スポンサードリンク


妊活中の降雪にご用心

妊活中の雪にはご用心!

さて、関東では約20年に一度の大雪になっています。
雪に慣れていない首都圏の方は、珍しい雪に大はしゃぎになっているかも知れませんが、妊活中の女性は気を付けて下さい。

妊活中の雪道での転倒に注意

雪国の方は、雪道の歩き方は慣れているかもしれませんが、関東近郊や首都圏にお住まいの方は、雪道の歩き方を知りません。
毎年、凍った道や雪道で滑って、骨盤を強打して妊活に悪影響を与えて閉まっている女性が多くいます。
特に首都圏の女性や普段は雪が振らないけど、年に1〜2回位ドカ雪が降るという地域に住んでいる方は特に注意して下さい。

ふさん雪がふらない地域は、雪が降って積雪の状態になっても、雪かきなどがきちんとできている訳ではありません。その為に道路の所々が凍っているような状態ですので、非常に滑り易くなります。

万が一滑って転んで怪我をしたら、妊活中の女性であれば妊活に非常に悪影響が出ますし、怪我が治るまでの当然妊活が中断されてしまします。
しかし、妊活中であればまだしも、万が一妊娠の初期の段階で、自分でも気がついていない位の妊娠初期の状態で転んで骨盤を打ったなんて事になったら、本当に大変な事になります。
後悔をしない為にも、雪の日には十分すぎる位の注意をして下さい。

雪の日には身体を暖かくする事が大切

また、妊活中の女性には当然のことかもしれませんが、身体を冷やさない事に注意して下さい。
雪の日は、特別に冷え込みます。地面が積雪によって雪になっているので、底冷えをします。

妊活中の女性が身体を冷やしてしまうと妊活に非常に悪影響になります。
冷え性が妊活中の女性に悪影響な理由は「冷え性が妊活の成功を妨げる本当に理由」でもご紹介していますが、妊活中の女性が身体を過剰に冷やしてしうと、子宮の機能が低下をしてしまいますので、妊娠の可能性が低くなってしまいます。
できるだけ外出を控えるようにしましょう。仕事などでどうしても外出をしなくてならないという場合には、しっかりと防寒対策をして、決して身体を冷やさないようにしましょう。特に下半身を冷やさないようにしましょう。

外出で身体が冷えてしまったという方は、身体を温める食事で身体を温めましょう。

➠身体を温める食事詳しくはコチラ
➠冷えた身体を効果的に温める妊活のオススメアイテムはコチラ


スポンサードリンク


妊活中の大雪には十分に用心して下さい!のまとめ

雪が降るとなんだか綺麗で嬉しくなってしまうという方は大人でも少なくありません。
かくゆう私も嬉しくなってしまい、無駄に散歩や雪を触ったりとしてしまします。
しかし、妊活中ともなれば話は別です!

妊活中の女性は雪は部屋の中で見るもの!と言い聞かせて、雪だるまを作りたいのをぐっと我慢しましょう。

妊活中の絶対的な基本は、「身体を冷やさない」という事と「もしかしたら、今妊娠しているかも?」と思うことを忘れないようにして下さい。

妊娠するために知っておきたい 4つのポイント

妊活マカの選び方妊活葉酸の選び方
妊娠するために効果的なサプリメント妊娠出産にかかるお金

スポンサードリンク




妊活.comの妊娠できるメルマガ【妊活通信】

妊活.comがお届けする「妊娠できるメールマガジン」【妊活通信】を是非ご覧下さい。厳選した妊活ニュースをお届けしています。
登録フォーム


サブコンテンツ

このページの先頭へ