健康な赤ちゃんを産む為に!【奇形児のリスクを減少!】

この記事を読むには約3 分かかります。

奇形児のリスクを減少

健康な赤ちゃんを産むために【奇形児のリスクを減少!】

奇形児のリスクを下げる為にできる事

健康な赤ちゃんを生むために必要な事

健康で元気な赤ちゃんを産むために必要な事!奇形児のリスクを下げる為に必要な事!


スポンサードリンク


元気で健康な赤ちゃんを産むために

元気で健康な赤ちゃんを産むために、妊活中の女性は日々気をつけていると思います。
しかし、気になるデータがあります。

それは、出生率が年々下がっているにの対して奇形児の出産率は年々高まっている。ということです!

2010年のデータですが、2010年の奇形の出産の割合は2,31%だったそうです。
この割合は100人の妊婦さんに対して約2人の奇形児が発生するという事になります。

この割合を多いと感じるか少ないと感じるかは個人差があると思いますが、私は「こんなにいるの?」と思いました。

また、この割合で生まれる赤ちゃんの人数の内、毎年下記の人数の赤ちゃんが生まれています。

    年間に生まれる奇形児の人数

  • ダウン症:1000人
  • 水頭症:800人
  • 二分脊椎症:500人
  • 尿道下裂:400人

※出店:環境省 子供の健康と環境にかっkする全国調査(エコチル調査)

とこのようなデータがあります。

年間でこんなに、奇形児と言われる赤ちゃんが生まれているという事に驚きました。


スポンサードリンク


奇形児のリスクを軽減するには

さて、このような奇形児のリスクがあるのは、主に母体の疾患が原因になります。
母体の疾患とは、「糖尿病」「アルコール中毒」「葉酸欠乏」などが主な原因と言われています。

奇形児のリスクを軽減するには、「糖尿病」「アルコール中毒」「葉酸欠乏」を改善する事が重要になります。

この中で、日常生活で特に注意をしてもらいたいのが、【葉酸欠乏症】です。
糖尿病やアルコール中毒などは気を付けるポイントがわかりやすいのですが、【葉酸欠乏症】は意識して改善する必要があります。

葉酸欠乏症の改善の為に

葉酸欠乏症を改善する為には【葉酸サプリメント】がオススメです。
葉酸は1日に400μg必要になります。
この葉酸の必要摂取量の400μgはほうれん草なら7~8束、ブロッコリーなら10房、
グレープフルーツなら2個ぐらいの量になります。
なかなか毎日必要な量を摂取するのは大変な量です。

ですから、必要な葉酸の栄養素はサプリメントで摂取するようにしましょう。
しかし、サプリメントで過剰摂取をすると、危険な副作用の症状が発症する可能性もありますので注意が必要になります。

⇨妊活サプリメントの危険な副作用、詳しくはコチラ

葉酸欠乏症などの妊活に必要な栄養素を効果的に摂取する為に【妊活サプリメント】は欠かす事ができないアイテムですが、サプリメントの正しい知識をしっかりと身につけてから摂取するようにして下さい

妊娠するために知っておきたい 4つのポイント

妊活マカの選び方妊活葉酸の選び方
妊娠するために効果的なサプリメント妊娠出産にかかるお金

スポンサードリンク




妊活.comの妊娠できるメルマガ【妊活通信】

妊活.comがお届けする「妊娠できるメールマガジン」【妊活通信】を是非ご覧下さい。厳選した妊活ニュースをお届けしています。
登録フォーム


サブコンテンツ

このページの先頭へ