妊娠力アップの為の体作り【年齢と卵子の数の関係】

この記事を読むには約2 分かかります。

女性の年齢と卵子の劣化

妊娠力アップの為の体作り【年齢と卵子の数の関係】

年齢と卵子の老化の関係と卵子の数の関係をご紹介します。

年齢と卵子の関係を知って妊活の体つくり

女性が一生の間に排卵する卵子の数は生まれた時にすでに決まっています。
生理の時に1個排出される以外は、女性の体内で消耗していきます。その数は実に1日に20〜30個とも言われています。

卵子の加齢と劣化、卵子の数の減少

卵子は女性が生まれた時から体内にあるので、当然、女性の年齢と共に卵子も加齢していきます。
加齢に伴って卵子の質が低下する事もあります。
卵子の質が良ければ当然妊娠する可能性が高くなります。卵子の室や数が減少をする前の20〜30代前半が妊娠をするのに理想的な年齢と言えます。

健康な卵子は卵子の内部の細胞が活発に活動をしていますが、加齢が進むとこれらの活動が悪くなります。そうなると当然、質の良い排卵をすることが出来なくなってしまいます。

卵巣の働きと検査方法

卵子を作る卵巣の働きと検査方法をご紹介します。

卵巣の検査方法
子宮の左右にある卵巣は、女性ホルモンに影響を与えます。
卵子を排卵する機能を持つ器官で妊娠する為にとても重要な役割を果たします。生理にトラブルがあったり、腹部に以上を感じるような場合には、卵巣が原因の可能性もあります。
早めに専門医に相談する事が必要です。

卵巣の機能を調べる検査
卵巣の機能を調べる検査は下記のような方法になります。

    卵巣の機能を調べる検査方法

  • AMH検査
  • 超音波検査

AMH検査
卵巣年齢検査とも言われている検査です。近年注目されている血液検査になります。

超音波検査
妊娠した際にも使う超音波検査は子宮や卵巣のトラブルの発見には欠かす事が出来ない検査です。

妊娠するために知っておきたい 4つのポイント

妊活マカの選び方妊活葉酸の選び方
妊娠するために効果的なサプリメント妊娠出産にかかるお金




妊活.comの妊娠できるメルマガ【妊活通信】

妊活.comがお届けする「妊娠できるメールマガジン」【妊活通信】を是非ご覧下さい。厳選した妊活ニュースをお届けしています。
登録フォーム


サブコンテンツ

女性におすすめの商品広告



このページの先頭へ