アンドロゲンとは【妊活、不妊治療用語】

この記事を読むには約1 分かかります。

アンドロゲンとは

アンドロゲンとは、男性ホルモンの総称のことを言います。
男性が男性の体つきになるために必要なホルモンで、男性器の発育、骨格や筋肉の形成、せいよくの高ぶり、精子の製造などに非常に深く関連しているホルモンです。

アンドロゲンの中でも精巣で作られている「テストステロン」と言われるホルモンが男性には最も重要なホルモンで、男性が原因の不妊の場合には、このテストステロンを投与する不妊治療を行うこともあります。

女性でもアンドロゲンは分泌されていますが、男性の10%以下の分泌量になります。しかし稀にアンドロゲンが過剰に分泌されてしまう女性がいます。その場合には入らん障害を引き起こす為に不妊の原因になりますので、やはり治療が必要になります。
女性でアンドロゲンが過剰分泌される代表的な疾患が「PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)」です。男性ホルモンの影響で、多毛や肥満、声の低音化などが症状にあります。

アンドロゲンには、種類があり、精巣や卵巣で分泌されるものには「テストステロン」「アンドロステンジオン」などがあります。また、副腎性のものには、「デヒドロエピアンドロストロン(DHEA)」「デヒドロエピアンドロステロンサルフェイト(DHEAS)」があります。




妊活.comの妊娠できるメルマガ【妊活通信】

妊活.comがお届けする「妊娠できるメールマガジン」【妊活通信】を是非ご覧下さい。厳選した妊活ニュースをお届けしています。
登録フォーム


サブコンテンツ

女性におすすめの商品広告



このページの先頭へ