エストロゲンとは【妊活。不妊理療用語辞典】

この記事を読むには約1 分かかります。

エストロゲン(卵胞ホルモン)とは

エストロゲン(卵胞ホルモン)とは、女性を形成するための代表的なホルモンです。
エストロゲンには「卵胞の成熟」「子宮頸管粘膜の分泌」「子宮内膜の増殖」など様々な効果があります。

エストロゲンは卵巣から分泌されているホルモンですが、卵巣から分泌されているホルモンはエストロゲンの他に、プロテスゲロン(黄体ホルモン)があります。これらを「卵巣女性ホルモン」と言います。

エストロゲンは大きく分けると3つに分類されます。

  • エストロン(E1)
  • エストラジオール(E2)
  • エストリオール(E3)

この3種類が3大エストロゲンと呼ばれています。
特に、エストラジオール(E2)がもっとも活性が高く、エストロゲン=エストラジオールと表記されることが多いようです。

女性が女性らしくなるためのホルモンがエストロゲン(卵胞ホルモン)です。女性の肌を綺麗にしたり、新陳代謝を活性する作用もあります。
不妊症で悩んでいる方たちにオススメの食べ物の中には、エストロゲンを増やすと言われている食べ物も多くあります。「フレープフルーツ」や「ざくろ」がその代表格です。
サプリメントでは、マカや葉酸が女性ホルモンの効果的に作用するサプリメントになります。

妊娠するために知っておきたい 4つのポイント

妊活マカの選び方妊活葉酸の選び方
妊娠するために効果的なサプリメント妊娠出産にかかるお金




妊活.comの妊娠できるメルマガ【妊活通信】

妊活.comがお届けする「妊娠できるメールマガジン」【妊活通信】を是非ご覧下さい。厳選した妊活ニュースをお届けしています。
登録フォーム


サブコンテンツ

女性におすすめの商品広告



このページの先頭へ