体外受精(IVF)とは【妊活、不妊治療用語辞典】

この記事を読むには約2 分かかります。

体外受精(IVF)とは

体外受精(IVF)とは、女性の卵子と男性の精子を取り出し、培養器内で受精させる不妊理療の治療方法です。
体外受精は、両側卵管閉塞や重度の男性不妊症など、一般的な不妊治療の治療法では妊娠は難しいと判断された場合に行う治療法になります。

通常の体外受精では、卵子の成長の過程から、受精卵を子宮内に戻すまでが全て計画して行われます。
月経周期のはじめの頃に、採卵といって、排卵誘発剤を使用してできた成熟している卵子を子宮から取り出します。
その採卵した卵子の上に精子をふりかけます。
そこからは精子は自らの力で泳いで卵子にたどり着き卵子の中に入り込み受精をします。

体外受精を行った受精卵は通常28時間後に2つの細胞に分裂して「胚」という状態になります。胚はその後も細胞分裂を繰り返して4細胞から胚盤胞と言われる段階に入ったところで子宮内に戻すという方法が一般的な方法になります。
体外受精の成功率は一般的には約25%程度と言われています。しかし、体外受精は医師や施設によっても技術のレベルが大きく違い、成功率にも大きな違いがあります。
口コミなどをしっかりと確認したいものです。

体外受精の費用は約30万円から70万円と不妊治療の中では高額な治療費が必要になります。保険が適用外なので、全額自己負担になります。




妊活.comの妊娠できるメルマガ【妊活通信】

妊活.comがお届けする「妊娠できるメールマガジン」【妊活通信】を是非ご覧下さい。厳選した妊活ニュースをお届けしています。
登録フォーム


サブコンテンツ

女性におすすめの商品広告



このページの先頭へ