AIH(人工授精)とは

この記事を読むには約1 分かかります。

AIH(人工授精)とは

人工授精とは排卵日に合わせて夫の精子を注入器で子宮の奥に送り込む不妊治療の方法です。
人工授精は、タイミング療法で妊娠することが出来なかった際に、次の不妊治療のステップとして行われる不妊治療です。

人工授精で使用される精子は、人工授精の数時間前に、男性が自ら採取した精子を使用します。
採取された精子を、不純物や最近を取り除く処理を行い、質の良い精子のみを子宮に送り込みます。

人工授精の成功率は一般的には、5〜10%と言われています。
人工授精を繰り返し行い、6周期以内に妊娠をする夫婦が約30〜40%と言われています。

人工授精の費用は、1回に1万円前後の病院が多いようです。治療費は病院によって違いますので、病院に確認指定下さい。
不妊治療ができる病院を調べるにはコチラ




妊活.comの妊娠できるメルマガ【妊活通信】

妊活.comがお届けする「妊娠できるメールマガジン」【妊活通信】を是非ご覧下さい。厳選した妊活ニュースをお届けしています。
登録フォーム


サブコンテンツ

女性におすすめの商品広告



このページの先頭へ