HMG(閉経ゴナドトロピン)とは【妊活、不妊治療用語時点】

この記事を読むには約1 分かかります。

HMG(閉経ゴナドトロピン)とは

HMG(閉経ゴナドトロピン)とは、卵巣を刺激して卵胞を刺激させる薬です。
この薬の事をHMG製剤といいます。HMG製剤の中でも、HMGの中からできるだけLHを取り除き製造されたのもをFSH製剤と呼んでいます。
HMG製剤で有名な商品は「ヒュメゴン」「パーゴナル」「HMG日研」などがあります。

HMG製剤を使った治療法

HMG製剤を使用した治療法には、排卵前の低温期にHMGを駐車して、その後に成熟した卵胞をHMG注射によって排卵させるというHMG-HCG療法(ゴナドトロピン療法)があります。
HMG-HCG療法(ゴナドトロピン療法)とは、排卵傷害の方や、第2度無月経の方を対象とした協力な排卵誘発の治療方法になります。

通常の無月経の治療方法をするには、経口の投薬治療などがあります。しかし、経口投薬治療が効果が出ない方や、反応があるが妊娠に至らないというケースの場合にHMG-HCG療法(ゴナドトロピン療法)が行われます。

hMG-hCGの副作用には、OHSS(卵巣過剰刺激症候群)と多胎妊娠が多いこと言われています。OHSSの発症頻度は10%~20%程度、多胎妊娠の確率は20%程度となっています。




妊活.comの妊娠できるメルマガ【妊活通信】

妊活.comがお届けする「妊娠できるメールマガジン」【妊活通信】を是非ご覧下さい。厳選した妊活ニュースをお届けしています。
登録フォーム


サブコンテンツ

このページの先頭へ