LHサージとは【妊活用語辞典】

この記事を読むには約1 分かかります。

LHサージとは

LHサージとは、排卵の直前に応対形成ホルモンが大量に分泌される現象の事です。この応対形成ホルモンがLHと呼ばれています。
通常は多少の個人差はありますが、LHサージから24時間から36時間前後に排卵が起こります。

卵巣内の卵胞は通常は成熟してくると、エストロゲンを分泌します。このエストロゲンが分泌されることによって、脳下垂体が刺激をされてLHの放出がされるようになるのです。
LHサージとは「LHホルモンの大きな波」という意味になります。。この波によって、排卵が引き起こされるようになります。
LHサージが起こるのは、卵胞の大きさが約20ミリ前後となった時に起こります。
LHサージを判断する方法としては、排卵検査薬があります。

※コンテンツに記載されているサプリメントの効果や情報に関しましては、体感した個人的な感想や当サイトで調べた内容や一般的な内容が記載されています。医療情報や治療の効果などを保証するものではありません。医療情報や治療などに関しましては、必ず専門家や医師の診断を受けるようにしてください。


サブコンテンツ

女性におすすめの商品広告



このページの先頭へ