妊活とアレルギーの関係を大行為!【妊活の疑問】

この記事を読むには約4 分かかります。

妊活とアレルギーの関係

妊活中の花粉症対策

妊活中の女性とアレルギーの関係を大公開!

妊活とアレルギー

妊活中に自分にアレルギーがあると気がつくケースがあります。
妊活中には様々な妊活に効果のある食べ物や飲み物を試して見たくなりますが、その際にアレルギーがあると気がつく女性が多いのです。

また、赤ちゃんのために自分にアレルギーがあるのかを調べると思いもしないアレルギーがあることがわかったなんてケースもあります。
アレルギーは遺伝をするの?という疑問があるようですので、アレルギーと遺伝の関係を少しご紹介します・


スポンサードリンク


アレルギーは遺伝するの?

アレルギー症状のそのものは遺伝をしませんが、アレルギー体質は遺伝をします。
赤ちゃんへのアレルギー体質の遺伝は、注意してもどうしようもない「素因」が関係しています。

両親にアレルギー体質がある場合には、赤ちゃんには、ほとんどのケースで体質が遺伝をします。
ママさん、パパさんの片方にアレルギーがある場合にも、かなりの確率で遺伝をするそうです。

しかし、安心して下さい。アレルギー体質は遺伝をしますが、必ず発症するわけではありません。
アレルギーは体質を持っていても、発症をしなければ問題はありません。発症するかどうかは、生活環境や食習慣などが影響をして、発症をするそうです。
子供の頃から、生活習慣、食習慣に注意していれば、アレルギー体質でも、アレルギーが発症しないケースも多くあります。

アレルギーは隔世遺伝?

「アレルギーは隔世遺伝するって本当?」という質問が良くあります。
答えは「Yes」です。
ママさん、パパさんにアレルギーがなくても、おじいちゃんやおばあちゃんにアレルギー体質があると、遺伝すると言われています。

アレルギーの予防策とは

アレルギーの事を心配して、妊活中や妊娠中にアレルゲンの除去をして食事をしている方もいますが、食事制限がアレルギー防ぐ効果がある事は解明されていません。
残念な事ですが、アレルギーについては、発症時の条件などは、現代の医学では解明されていませんので、予防さくも明確な予防策はありません。


スポンサードリンク


妊活中のアレルギー対策

基本的には妊活中、妊娠中のアレルギーにかかわる食品を置く食べたから、赤ちゃんに絵今日があるということは無いと言われています。
完全に予防することはできませんが、妊活中、妊娠中のアレルギー対策と言われている方法をご紹介致します。

偏らない食事を心がける

妊活中、妊娠中には偏らない、バランスの良い食事を心かけて下さい。
アレルギーの原因となる食品も絶対に食べてはイケないというわけではありません。

大切なのは、1日の摂取量を考えることです。

  • 卵、牛乳
    卵や牛乳は1日の摂取量を決めて下さい。卵は1日1個、牛乳は1日コップに1杯くらいにするほうが良いでしょう。
    また、加熱調理することで、アレルゲンの作用が大幅に削減されます。
  • 食品添加物
    添加物もアレルギーと関係があると言われています。
    インスタント食品や、スナック菓子には注意が必要ですね。
    元々妊活中にはできるだけ摂取しないようにしたほうが良い食品です。

お部屋の掃除は念入りに

アレルギーの原因物質は食品だけではありません。
ハウスダストやダニ、カビもアレルギーに原因物質になります。

  • ハウスダスト
    家の中は綺麗に見えても、目には見えない小さなホコリがあります。これがハウスダストです。有名なアレルギーの原因物質です。
    部屋を綺麗にしてハウスダストを除去しましょう。
    ハウスダストは、妊娠中のママの胎盤を通して胎児に影響は無いと言われていますので、あまり心配しなくても大丈夫です。
  • ダニ、カビ
    ダニやカビはアトピーを引き起こすアレルギー原因物質です。畳やじゅうたんなどは念入りに掃除をして下さい。またぬいぐるみにもダニは生息していますので、たまには洗濯をして下さい。

妊娠するために知っておきたい 4つのポイント

妊活マカの選び方妊活葉酸の選び方
妊娠するために効果的なサプリメント妊娠出産にかかるお金

スポンサードリンク




妊活.comの妊娠できるメルマガ【妊活通信】

妊活.comがお届けする「妊娠できるメールマガジン」【妊活通信】を是非ご覧下さい。厳選した妊活ニュースをお届けしています。
登録フォーム


サブコンテンツ

女性におすすめの商品広告



このページの先頭へ