【妊活中に避けたい食べ物】ランキング

この記事を読むには約2 分かかります。

妊活中に避けたい食べ物ランキング

妊活中に避けたい食べ物ランキング

妊活中に出来るだけ摂取しない方が良い食べ物のランキングを大公開!

妊活中にできるだけ摂取する方がいい食べ物と言うのは良く聞きます。
では、逆に妊活中に食べない方がいい食べ物は?
そんな疑問にランキング形式でお答えします。


スポンサードリンク


【妊活中に避けたい食べ物】ランキング

ランキングに上がっている妊活中に避けたい食べ物は、どれも当たり前に思われるかもしれませんが、実は意外と分かっていながらという感じの妊活女性が少なくありません。
絶対に取ってはいけないという物ではありませんので、自分自身でコントロールをして食べるようにして下さい。

  • 冷たい食べ物

    妊活中に避けたい食べ物ランキング

    夏の熱い時期でもアイスクリームや冷えきった飲み物は要注意です。
    冷たい食べ物、飲み物が体内に入ると、胃等の内臓から子宮や卵巣にも冷えが伝わります。当然そうなると子宮や卵巣に悪影響を与えますので、妊娠力の低下という状況になります。
    いくら暑い夏でも、冷たすぎる食べ物、飲み物は禁物です。
    どうしても、食べたくなったり、飲みたくなったら、口の中で常温になるくらいにしてから飲み込むようにして下さい。

  • カフェイン

    カフェイン

    カフェインのとり過ぎも絶対に避けるようにしましょう。
    1日に300mg以上のカフェインを摂取すると、妊娠力が低下するという研究結果もあります。
    コーヒー好きな女性には辛いことかも知れませんが、カフェインのとり過ぎが妊活に悪影響を与える事は間違いありません。
    どうしてもコーヒーが飲みたくなったら、完全人カフェインの「たんぽぽコーヒー」等の妊活コーヒーを飲むようにして下さい。
    たんぽぽコーヒーなら完全ノンカフェインですので、いくら飲んでも問題ありませんし、体を温める効果もあるので一石二鳥です。


  • スポンサードリンク


  • 大豆(過剰摂取)

    タンパク質

    大豆は女性ホルモンに近い働きをすると言われているために、好んで摂取する妊活女性が少なくありません。
    しかし、大豆や、大豆を資料した食品(豆腐、豆乳)の過剰摂取は「子宮内膜症」や「ポリープ」「不妊の原因」になることが最近の研究で明らかになりました。
    アメリカでは、ここ数年、妊活中の女性も大豆食品の摂取を控えるようになっています。
    しかし、大豆は適度に摂取する事で、妊活に効果的に働く事は間違いありませんので、適度な量を摂取するようにして下さい。

妊娠するために知っておきたい 4つのポイント

妊活マカの選び方妊活葉酸の選び方
妊娠するために効果的なサプリメント妊娠出産にかかるお金

スポンサードリンク




妊活.comの妊娠できるメルマガ【妊活通信】

妊活.comがお届けする「妊娠できるメールマガジン」【妊活通信】を是非ご覧下さい。厳選した妊活ニュースをお届けしています。
登録フォーム


サブコンテンツ

女性におすすめの商品広告



このページの先頭へ