妊活女性は必見!妊活と心(気持ち)の関係【妊娠のメカニズム】

この記事を読むには約3 分かかります。

妊活と気持ちの関係【妊娠のメカニズム】

妊活と気持ちの関係

妊活中の女性は気持ちの持ち方も大切です。
人間の気持ちは体内のホルモンバランスにも影響を与えます。また、「プラシーボ効果」という物があるように、妊娠できると思う事も重要なのです。

妊活は気持ちから

ひよこのつぶやき1

妊娠と心は実は密接な関係にあります。気の持ちようという言葉は実は当てになるのです。

妊活と心の関係

妊娠したい人の「心」の持ち方。
人間は気持ちの持ち方で人生が変わります。自分で思う事によってよい方向へと進んでいきます。
これは、現在の科学では解明されてはいませんが、実は本当にあるのです。
有名な例だと、「プラシーボ効果」や「引き寄せの法則」が有名です。

「妊娠したい」「妊娠希望」という女性は思う事から始める事も良い方法なのです。

また、妊活をするにあたり、気持ちの持ち方も重要になります。

夫婦の時間を大切にする事

妊娠力は実は「愛情」でできています。確かにホルモンのバランスや障害の様なケースもあるでしょう、しかし、そのような症状が出ていても、妊娠する女性は大勢います。特に妊娠は現在の医学では解明されていない事がまだまだあります。医学だけではなく、自分んの心の力も信じて下さい。

ストレスを貯めない

妊活中にはストレスは大敵です。ストレスを強く感じると、人間はどうしても「ネガティブな思考」に偏ってしまいます。そうなると、幸せな未来の強いイメージができなくなります。ストレス解消の方法もしっかりともって下さい。

旅行をする

昔から、「水が変わると妊娠をする」と言われる事が多くあります。これも科学的な根拠はありませんが、昔の人が言う事は、あたっている事が多いのでお勧めの方法かも知れません。この機会に、子宝神社に観光したり、子宝の湯巡りなんて素敵ですね。子供を妊娠したら夫婦二人の旅行なんて当分行けませんしね。

自然に触れる

自然に触れる事はストレス解消にもなりますし、人間の本来の力が戻ると言われています。
人間の本能的な部分が戻れば、当然、妊娠力も高くなります。

妊娠に執着しない

何が何でも妊娠すると思うと、逆効果になるケースもあります。がんばりすぎてストレスを感じてしまったりしては、よけい悪い事です。
人間はそんな簡単に妊娠をしないようにできています。それを覚えておいて下さい。「なんで妊娠しないの?」とは考えずに、長い期間をかけて妊活をすると言うような考えがちょうどいいのです。早く妊娠したらラッキーなのです。

関連情報




妊活.comの妊娠できるメルマガ【妊活通信】

妊活.comがお届けする「妊娠できるメールマガジン」【妊活通信】を是非ご覧下さい。厳選した妊活ニュースをお届けしています。
登録フォーム


サブコンテンツ

女性におすすめの商品広告



このページの先頭へ