妊活のために排卵の仕組みを知る【妊娠のメカニズム】

この記事を読むには約2 分かかります。

卵

妊娠の過程で非常に重要な排卵のご説明を致します。
排卵は女性のホルモンが密接に関係しています。ホルモンバランスが正常に分泌されている状態で正常な排卵がされます。日頃の生活習慣や食習慣を注意して、規則正しい生活を行う事が大切になります。
妊娠のメカニズムをしっかりと理解して、妊活に励んで下さい。


排卵について

ひよこのつぶやき1

排卵についての説明です。「今更、説明はいらないよ」と思った方、すみません・・・

排卵の仕組み

卵胞が約18㎜〜20㎜くらいの大きさになると、今度は下垂体から「卵子を排卵させるホルモン」が分泌されます。
このホルモンの作用により、卵巣表面近くにある卵胞の皮が破け、中に入っている卵子が、卵巣から飛び出します。卵巣から飛び出した卵子は子宮に繋がっている卵管という管に吸い上げられます。
卵管は先が手のひらのような形をしており、卵巣の表面をなでているような運動を強います。その為、卵巣から卵子が吸い上げられやすいようになります。
卵管に吸い上げられた卵子は、卵管で一番太くなっている卵管膨大部という部分で精子と出合うのです。
※排出された卵子は体内で24時間生存する事ができます。

関連情報




妊活.comの妊娠できるメルマガ【妊活通信】

妊活.comがお届けする「妊娠できるメールマガジン」【妊活通信】を是非ご覧下さい。厳選した妊活ニュースをお届けしています。
登録フォーム


サブコンテンツ

女性におすすめの商品広告



このページの先頭へ