妊活女性が気になるお金の話「出産後に貰えるお金」【妊活お役立ち情報】

この記事を読むには約3 分かかります。

出産後にもらえるお金の話

出産後にもらえるお金

妊活中や出産後にはお金がかかります。
特に出産後には様々な事でお金が必要になります。
しかし、出産後には国や地方自治体から助成金が出ます。自分の住んでいる地域の助成金を調べてもらえる助成金はもらいましょう、申請をしないと貰えませんので、手続きを忘れないようにして下さい。

ひよこのつぶやき1

出産後は何かとお金がかかりますよね。
出産後の貰えるお金は有り難いです。

出産後に貰えるお金

出産した後に貰えるお金は沢山あります。しかし、そのほとんどが申請手続きを行わないと貰えません。しっかりとチェックをして、きちんと手続きを行って下さい。

出産一時金

会社や団体の健康保険、あるいは国民健康保険などの健康保険に加入している方の世帯に赤ちゃんが誕生したら、誰でも支給されます。
平成21年10月以降は赤ちゃん1人につき42万円、それまでは38万円が支給されます。

児童手当金

子供1人目、2人目には月5千円、3人目以降には月に1万円が、年3回分けて4ヶ月分まとめて支給されます。
手続きの翌月から支給されますので、空白期間がないように、生まれたらすぐに申請をしておきましょう。
所得の制限がありますので、出産前に済んでいる地域の役所に確認をしておきましょう。

出産手当金

働くママの為の手当金です。
産休中で給料がない状態の場合に、退職から6ヶ月以内に出産したママに、会社の健康保険から支給されます。
支給額は、日給×6割×産前、産後計98日分です。
会社員の人の為の手当なので、国民健康ほけんの加入者には支給されません。

医療費控除と確定申告

1年間の1世帯の医療費の合計が10万円を超えた場合、確定申告をすると超過分に対して所得税の一部が戻ってきます。
保険が適用された出産費用の医療費控除の対象になりますので、計算をする事をお勧め致します。

失業給付金

出産に伴い会社をやめた方は、失業給付金を受け取る事ができます。
支給額は退職直前の1日あたりの賃金×6割で、支給期間は勤続年数にもよって異なります。失業給付金は、働く意思があり、求職中である事が条件です。
給付制限期間後4週間に1度ハローワークに行き、失業認定を受けなければなりません、出産の場合にはすぐには無理ですので、支給期限を最長4年まで延長できます。ただし、申請は退職後30日が経過した後の1ヶ月しかできませんので注意が必要です。

育児休業給付金

産休、育休中で会社から給料がもらえないままに適用されます。(パートの人でもOK)
支給額は、月給×3割×産休月分です。また、復帰6ヶ月後にも月給×2割×10ヶ月分が貰えます。

高額医療費制度

保険が適用される医療費の自己負担額は高額になった場合に自己負担限度額を超えた部分が払い戻される制度です。
所得により、月額の自己負限度額が変わります。帝王切開などの妊娠、分娩中に医療処置があった場合には保険が適用されるので、申請をすれば戻ってくるケースがあります。

一般の医療保険

帝王切開などの妊娠分娩中に医療処置があった場合には、民間の保険会社の医療保険に加入していれば、入院、治療費を請求できます。
保険金の請求には医師の診断書が必要になりますので、保険会社に確認をして下さい。
⇒帝王切開でも保険金が出る医療保険、詳しくはコチラ




妊活.comの妊娠できるメルマガ【妊活通信】

妊活.comがお届けする「妊娠できるメールマガジン」【妊活通信】を是非ご覧下さい。厳選した妊活ニュースをお届けしています。
登録フォーム


サブコンテンツ

女性におすすめの商品広告



このページの先頭へ