妊活中の女性の心配事!出産費用はいくらかかるの?【妊活お役立ち情報】

この記事を読むには約6 分かかります。

妊活中の女性がきになる出産費用っていくら?

妊活中の女性が心配な「出産費用」

妊活中の女性は皆心配している「出産費用」の事をご紹介します。

妊活、出産にかかる費用のご説明を致します

「出産費用はいくらかかるの?」という疑問が多くあります。
出産費用が気になるのは、妊活女性であれば当然の事です。
妊活の準備では、その費用を知っておくことも大切です。
このページではそのような疑問に分かりやすくお答え致します。


スポンサードリンク


出産費用について

出産費用とは、妊娠してから出産後に赤ちゃんが自宅に帰ってきて一緒に生活を始めるまでの間にかかる費用の事です。

出産費用は大きく分けると3種類に分けられます。

  • 出産前の検査、定期検費用・・・妊娠中に病院で行う検査や定期検診の費用です。
  • 分娩、入院費用・・・出産と、その後の入院の費用です。
  • 病院以外にかかる費用・・・マタニティグッズやベビー用品、お祝い返し等の費用です。

このように、様々な費用が必要になりますが、病院などにかかる費用は、自治体が負担してくれる部分もあります。しっかりとやりくりをすれば、それほどお金の心配をしなくても出産できるようになります。
しかし、妊娠中には何が起こるか分かりません。「全く何もなかった」という方が珍しいくらいです。その事を頭に入れておいて、何があっても安心して赤ちゃんが産めるように順簿をしておく事をお勧め致します。

出産前の検査費用、定期検診費用

妊娠をしたかなと、思ったら病院に行って検査をします。
その後はたいていの病院で、胎児の心拍が確認できるまでの間に1回、その後23週までには4週間に1回、35週までには2週間に1回、36週(臨月)以降には週に1回、合計では、15回前後の定期検診を行います。
定期検診の費用は、1回に約3000円から1万円ですので、トータルでは約7〜10万円になります。

定期検診の他には、母体や胎児に関する検査を行います。
妊娠健康県債に関しては最低1回分の無料券を貰えますが、病院の方針により、それ以外にも検査が必要になる事もあります。
検査費用は5000円〜3万円となるケースもあります。

上記のケースは、経過に異常が全くない場合ですので、状態によっては、それ以上の検査が必要になる場合もあります。

自治体の助成金

定期検診の全ての費用を自己負担で行う訳ではありません。
定期検診にて対しては、平成21年10月から平成23年3月までの間、緊急の少子化対策として、全国的に14回分の検診代を公費で負担する事になりました。
※「14回分が無料になる」という事ではなく、「14回分(11万3千円相当)を目安に負担をする」という事です。自治体によっては予算がない自治体もあります。
また、検診の中で公費負担になる項目は決まっていて、病院の方針でそれ以外の検査を行った場合には自己負担になります。
自分の住んでいる地域の助成金の制度をしっかりと確認をして下さい。

分娩費用、入院費用

出産費用の中で最も大きな部分で、また費用に差が出るのが、分娩費用、入院費用です。

厚生労働省の調査では、全国の医療機関に置ける分娩、入院の費用の総額は平均42万4千円になるそうです。
都道府県別では、最高は東京都の51万5千円で、最低は熊本の34万6千円です。

地域の差の他にも、病院の種類や病室の種類によって金額が変わってきます。

  • 大学病院・・・35万円前後
  • 総合病院・・・35万〜40万円
  • 個人病院・・・40万円〜100万円
  • 助産院・・・30万円〜35万円
  • 自宅出産・・・30万円〜35万円

その他、普通分娩か帝王切開か、平日、休日などにもよって分娩や入院費用が変わります。

この、分娩、出産費用は、出産一時金が支給されますので、自己負担を減らす事もできます。

⇒「出産一時金」詳しくはコチラ

また、帝王切開の場合に保険金を受け取る事のできる医療保険もあります。

⇒「妊活女性の医療保険」詳しくはコチラ

病院以外にかかる費用

妊娠、出産の采に、病院意外にかかる費用もご紹介致します。

マタニティグッズ

妊娠4ヶ月くらいから、お腹が大きくなり始めると、マタニティようの洋服や下着を用意する必要があります。お下がりを貰ったりと賢く用意をする方が増えています。
また、妊娠初期からサプリメントを取る人もいますが、その費用もバカにはなりません。

ベビー用品

生まれてくる赤ちゃんの為にも、服や下着、オムツなどを用意しておく必要があります。ベビー用品は気軽にレンタルできる物もありますので、使用期間と料金を比較して賢く利用しましょう。

交通費

病院までの距離で変わりますが、比較的近くても、お腹が大きくなると歩く事が大変になります。その為、バスやタクシーを使うケースが多くなります。その為、交通費もかかります。
また、陣痛になりした場合には、タクシーを使う事もありますので、お財布の中には常に病院へのタクシー代くらいは用意しておいて下さい。

お祝い返し

お祝い返しは、お祝いを貰ってから考えるものですので、とりあえずは心配する必要はありません。しかし、お祝いを頂いたら必ずお返しをしましょう。
頂いた物、が「品物」でも「現金」でも、だいたい半分の金額に相当する品物をお返しするのがマナーです。


スポンサードリンク


その他、妊娠の状態によりかかる費用

妊娠の経過によってかかってしまう費用もあります。
大乗的なケースは下記の様な症状があります。

  • 破水入院
  • 帝王切開
  • 多胎の分娩
  • 時間外や土日の出産
  • 無痛分娩

破水入院

陣痛がまだでも、破水した場合には、即入院になります。その場合には分娩までの入院の日数分が入院費として加算されます。

帝王切開

帝王切開は医療行為になりますので、健康保険が適用されます。分娩にあたる費用は通常分娩より安くなりますが、入院日数が長くなります。
医療保険に加入している女性には、医療保険金が子宮されます。

⇒帝王切開でも保険金がもらえる医療保険、詳しくはコチラ

多胎の分娩

双子で普通分娩が可能な場合にはだいたい通常の1、5倍くらいの費用が目安になりますが、多胎の場合には帝王切開になるケースが多く、臨月の前から管理入院になったりと様々なケースがあります。
しかし、出産育児一時金は人数分貰えますので、最終的にはそれほど、多くの負担にはなりません。

時間外や土日の出産

平日の夜間や休日などの診療時間外に出産すると、時間外料金が追加されます。
おおよそ「10%増」「プラス2万円」などのケースが多いようです。この料金は病院によって異なります。また、時間外が適用されるのが「入院時」なのか「分娩時」なのかもしくはその両方なのかをしっかりと事前に確認して下さい。

無痛分娩

無痛分娩の場合には、普通分娩の保養プラス1万円〜5万円くらいの費用が相場になっているようです。
分娩中に痛みに耐えられなくなり、無痛に切り替えるという方もいるようです。

妊娠するために知っておきたい 4つのポイント

妊活マカの選び方妊活葉酸の選び方
妊娠するために効果的なサプリメント妊娠出産にかかるお金

スポンサードリンク




妊活.comの妊娠できるメルマガ【妊活通信】

妊活.comがお届けする「妊娠できるメールマガジン」【妊活通信】を是非ご覧下さい。厳選した妊活ニュースをお届けしています。
登録フォーム


サブコンテンツ

女性におすすめの商品広告



このページの先頭へ