35歳からの妊活【妊活に効果的に体を温める方法】

この記事を読むには約2 分かかります。

35歳からの妊活【妊活に効果的に体を温める方法】

35歳からの妊活

35歳からの妊活 〜効果的に体を温める方法〜

妊活中の女性は体を温めることがとても大切です。
特に35歳からの妊活では、体を温めて、冷やさないことが何より大切です。冷えた体では妊娠することはできません。
では、どのようにして体を温めれば、効果手にあたたまるのでしょうか?
効果的に体を温めるポイントをご紹介します。

体を温めるポイントの紹介

妊活女性は体を温めることが妊娠への近道になります。特に下半身を温めることに妊活にとってはとても大切です。
では、下半身や子宮を温めるにはどうすれば、効果的に温められるのでしょうか?
効果的な温めのポイントは仙骨です。子宮を暖めるには、下腹部をあ温めることが良いと言われていますが、下腹部を温めるよりも、仙骨を温める方が効果的なのです。
仙骨って言葉を初めて聞いた方もいると思いますが、「仙骨」とは、尾てい骨の付け根の骨のことです。腰よりも少し低い位置にある骨です。この部分を温めるのが子宮を暖めるには効果的なのです。

なぜ、仙骨を温めると効果的なのかと言いますと。
1つ目は、下腹部をよりも、仙骨の方が子宮からの距離が近いということ。
2つ目は、下腹部は脂肪がついていていますので、熱が伝わりにくいのですが、仙骨の部分は下腹部よりも脂肪が少なく、熱が伝わりやすいので、温まりやすくなります。
実際に仙骨を温めて見ると、骨盤付近が暖かくなります。その骨盤の中にある子宮周辺の血流が良くなるのが実感できると思います。仙骨を温めると、手足の先まで暖かくなることが実感できます。

妊活中の温めのポイントは仙骨と覚えておいて下さい。




妊活.comの妊娠できるメルマガ【妊活通信】

妊活.comがお届けする「妊娠できるメールマガジン」【妊活通信】を是非ご覧下さい。厳選した妊活ニュースをお届けしています。
登録フォーム


サブコンテンツ

女性におすすめの商品広告



このページの先頭へ