35歳からの妊活【卵子の老化と妊娠の関係】

この記事を読むには約2 分かかります。

35歳からの妊活【卵子の老化の原因】

35歳からの妊活

35歳からの妊活 〜卵子の老化〜

最近は、見た目の年齢が若々しい方が大変多くなっています。
そのた、職場などでも、年齢を聞いて驚いたという経験があります。
でも、そんな若々しくて、健康に見える方でも、不妊で悩んでいたり、なかなか妊娠をしないで辛い思いをしている方も多くいます。
若々しくて健康なのになんで妊娠できないんだろう?なんて相談も多くあります。


スポンサードリンク


妊娠は見た目の若さではなく、卵子の若さ

見た目は20代なんてアラサー女性やアラフォー女性も多くいます。しかし、いくら見た目が若くても、妊娠というものは、生物としての年齢によって確率が変わるということです。
たとえ見た目が若く綺麗で、健康でも、卵子は年令によって老化をしているのです。

妊娠の適齢期、出産の適齢期は昔から変わりません。25歳から35歳が妊娠力のピークになります。
現在では、医療技術の進歩により、妊娠の適齢期を超えても、ある程度の確率で妊娠や出産ができるようになりました。しかし、卵子は老化していくのは止める事はできません。いくら健康にしても、卵子は老化します。

厳しい事ばかり言いましたが、覚えておいてもらいたい事は、卵子も老化をするという事。また、卵子が老化をすると、受精や着床がしにくくなるということです。
それを知った上で、妊活の計画を立てたり。妊娠出産できる身体作りの計画を立てましょう。

ポイントをしっかりと抑え、正しい知識で妊活を行えば、たとえ高齢出産と言われる年齢でも、可能性は高くすることはできます。一緒に素敵な妊活ライフを過ごせるように頑張りましょう。

妊娠するために知っておきたい 4つのポイント

妊活マカの選び方妊活葉酸の選び方
妊娠するために効果的なサプリメント妊娠出産にかかるお金

スポンサードリンク




妊活.comの妊娠できるメルマガ【妊活通信】

妊活.comがお届けする「妊娠できるメールマガジン」【妊活通信】を是非ご覧下さい。厳選した妊活ニュースをお届けしています。
登録フォーム


サブコンテンツ

女性におすすめの商品広告



このページの先頭へ