35歳からの妊活【妊娠、出産に必要な骨盤底筋を鍛える】

この記事を読むには約2 分かかります。

35歳からの妊活【妊娠、出産に必要な骨盤底筋を鍛える】

骨盤底筋を鍛える

35歳からの妊活 〜骨盤底筋を鍛えよう〜

妊活中の女性に是非、おすすめの筋トレのご紹介を致します。
筋トレといっても、腕立て伏せや腹筋のような筋トレではありません。鍛えて頂きたい筋肉は骨盤底筋です。
骨盤底筋って何?と思う方のほうが多いと思いますので、骨盤底筋の鍛え方をご紹介致します。

骨盤底筋を鍛える

「骨盤底筋」聞きなれない言葉ですね。初めて聞いた方も多いのでは無いでしょうか?
妊娠や出産の際には、とても重要になりますので、ぜひ覚えておいて下さい。
骨盤底筋とは、骨盤の底にハンモックのように広がっている筋肉です。膀胱や子宮や直腸などの臓器を支えている重要な筋肉です。

骨盤底筋の筋力が低下すると、骨盤が歪んだり、内臓が下に下りますので、代謝が落ちてしまいます。
出産の際には、特に使う筋肉になります。「いきむ」ときには、骨盤底筋を使うのです。

骨盤底筋が重要な筋肉ということはわかってもらえたと思います。
しかし、骨盤底筋をどのように鍛えたら良いのか分からないという方のために、骨盤底筋の鍛え方をご紹介致します。

その1、トイレで鍛える

トレで筋トレをして下さい。
排尿の時に一気に出さないで、骨盤底筋に力を入れて排尿を止めたり、出したりを繰り返して下さい。
若い人にも起こる尿漏れも、骨盤底筋が原因ですので、鍛える事によって改善がされます。

その2、布ナプキンに挑戦する

生理時に綿やさらしなどの布をナプキンにすると、骨盤底筋をギュッと締める癖がつくと言います。
筋力のアップにもなりますし、月経血のコントロールができるようになります。肌触りも良く、洗って何度でも使えるので、エコです。

その4、外股で歩かない

パンツやデニムを履いた時には外股になりがちですが、その時には骨盤底筋は緩んでいる状態です、まっすぐと内股気味に歩く、座るときにも、両膝を付けて座る癖を付けましょう。




妊活.comの妊娠できるメルマガ【妊活通信】

妊活.comがお届けする「妊娠できるメールマガジン」【妊活通信】を是非ご覧下さい。厳選した妊活ニュースをお届けしています。
登録フォーム


サブコンテンツ

女性におすすめの商品広告



このページの先頭へ