35歳からの妊活【妊活中のNG項目】

この記事を読むには約3 分かかります。

35歳からの妊活【妊活中のNG項目】

妊活のNGポイント

35歳からの妊活 〜妊活中のNGポイント〜

妊活中のNGポイントをご紹介します。
妊活中には健康な体になること、健康な体を維持することが大切です。
つまり妊娠する確率を少しでも上げることが重要なのです。

妊活中にマイナスになってしまう行為、つまり妊娠する可能性を下げてしまってしまうことをご紹介します。
当てはまる場合にはすぐに改善をしましょう。

妊活の5つのNGポイント

  • 夜更かし
  • きつい洋服やパンツ
  • 喫煙
  • 眼精疲労
  • 酸化

妊活女性は夜更かしはやめましょう
妊活中には夜更かしは避けましょう。夜更かしをすると体内のホルモンバランスが崩れてしまいます。
夜間にリラックス状態になることによって、脳下垂体の働きが活発になり、ホルモンが分泌されます。脳下垂体は卵胞ホルモンや、黄体ホルモンを分泌する大切な働きをしています。
夜更かしをすると、脳下垂体が働かずに妊娠するためのホルモンの分泌がされないので、妊娠の確率を低下させてしまいます。

妊活中にはきついジーンズやガードルは避けましょう。
妊活中にはキツイ服装は避けましょう。
きつい服装をしていると体の血行が悪くなります。特に、ジーンズやガードルの能な下半身に身につけるものはキツイ物はNGです。
下半身の血行が悪くなると、当然、子宮への血流が少なくなり、子宮の機能が低下しますので、妊娠する可能性が低くなります。

妊活中には喫煙は絶対にNGです
妊活中には喫煙は絶対にやめましょう。タバコは「百害あって一利なし」です。
タバコにはニコチンが含まれています。ニコチンには、血管を収縮させる作用があります。血管が収縮しますので、血流が滞ります。そうなると、健康にも、妊活にも良いわけがありません。
また、卵巣から分泌される女性ホルモンの分泌量にも影響を与えてしまいます。ニコチンの影響で卵子も老化が進むなど、本当に良いことがありません。
禁煙は確かに辛いことですが、現在は禁煙外来等もありますので、一大決心をしましょう。

妊活女性は眼精疲労にも注意
妊活中には目の疲れも、溜めないようにしましょう。
目が疲れ、眼精疲労になると、骨盤の原瀧も低下すると言われています。(東洋医学の考え方です)特にPCを良く使う仕事をしている人や、趣味でPCを使う人は、ブルーライトをカットするような工夫が必要になります。
最近は、PC用のメガネもありますので、活用をしてみて下さい。

体の酸化も予防する
年齢と共に体も酸化していきます。当然体内の卵子や子宮も酸化の影響を受けます。抗酸化作用のある食品や、サプリメントで酸化予防をしましょう。
抗酸化は美容だけではなく、妊活にとっても重要なことなのです。

※コンテンツに記載されているサプリメントの効果や情報に関しましては、体感した個人的な感想や当サイトで調べた内容や一般的な内容が記載されています。医療情報や治療の効果などを保証するものではありません。医療情報や治療などに関しましては、必ず専門家や医師の診断を受けるようにしてください。


サブコンテンツ

女性におすすめの商品広告



このページの先頭へ