本当に正しい妊活情報!妊活のウソ、ホント【妊活の情報】

この記事を読むには約5 分かかります。

本当に正しい妊活情報!妊活のウソ、ホント

妊活のウソ、ホント

妊活のウソ、ホント【本当に正しい妊活情報】

妊活の生活習慣、食習慣のウソ、ホントのご紹介です。

妊活の生活習慣や食習慣はインターネットでも様々な情報があふれています。何が正しい情報で、何が間違っている情報なのかは自分で判断しなければなりません。
様々な情報の中でも、質問の多いことをまとめました。妊活女性、妊活男性はぜひ参考にして下さい。


スポンサードリンク


妊活情報ウソ、ホント

妊活の生活習慣、食習慣のウソ、ホントです。

Q:コーヒーやアルコールを飲むと妊娠しにくくなる?

A:適量であれば問題ありません。

コーヒーのカフェインは、一部のホルモンバランスを整えるために良いと言われていますが、その一方で、流産率が高くなると言われています。しかし、1日1〜2杯くらいであれば問題はないでしょう。アルコールも、週に1日〜2日くらいで1日コップ2杯(ビール)であれば、影響は少ないです。毎日の飲酒は避けましょう。

Q:タバコは妊娠しにくくなる?

A:タバコは、卵子や精子の質を低下させる原因になります。

タバコは、卵子や静止の質を低下させる原因となります。また、妊娠中に喫煙を続けると、ニコチンの成分が血管を収縮させ、胎盤に栄養が十分に運ばれないで、赤ちゃんが低体重児になってしますこともあります。
女性がタバコを吸っていなくても、パートナーの男性がタバコを吸っている場合には、受動喫煙をしてしまうので、注意して下さい。

Q:排卵日に酔っぱらって夫婦生活を行うと妊娠する?

A:医学的には根拠はありません。

酔って夫婦生活をして妊娠をしたという情報が多くありますが、これは偶然ではないでしょうか?全く医学的な根拠はありません。
しかし酔った事によりリラックスした結果という考え方もあります。妊活中には義務的な夫婦生活になりがちですので、たまには酔って夫婦生活を行うのも良いのかもしれません。

Q:太り過ぎは妊娠しにくい?

A:太り過ぎの場合には、ホルモンバランスを崩してしまうので、排卵障害の原因になります。

太りすぎている方は、ホルモンのバランスが崩れてしまいます。その結果月経不順になりがちです。無排卵などの、排卵障害を引き起こすこともあります。

Q:生活習慣が不規則だと妊娠しにくい?

A:不規則な生活習慣ではホルモンバランスが崩れます。

不規則な生活ではホルモンバランスが崩れてしまいます。ホルモンバランスが崩れると、排卵障害になってしまいますので、妊娠しにくくなるケースがあります。週末にはしっかりと休息を取るというように、メリハリのある生活習慣を心がけて下さい。

子供の頃の偏食が不妊の原因となる?

A:偏食は確かに影響がありますが、今から改善しても遅くありません。

子供の頃からの食習慣が、不妊に影響しているかは分かりません。しかし、現在でも偏食が続いているのならば、食習慣を見直してみましょう。栄養バランスの良い食事をこことがければ、体質は変わります。

Q:トマトやナスなどの体を冷やす食べ物は良くない?

A:冷えよりも、栄養を摂取するほうが重要です。

トマトに含まれるリコピンには抗酸化作用があり、ナスにはアントシアニンやポリフェノールが含まれています。体の老化を防ぐ働きが有りますので、体の冷えを心配するよりも、野菜の栄養を摂取する方を優先しましょう。エアコンの使いすぎなどのほうがはるかに体を冷やしてしまい、悪影響になります。

Q:冷え性は妊娠しにくい?

A:冷え性はホルモンバランスが崩れて妊娠しにくくります。

冷え性は、不妊に大きな影響があります。冷え性の方は、血行が悪く、新陳代謝も良くないためにホルモンバランスが乱れやすくなってしまいます。緑黄色野菜などの体を温める食べ物を多く食べるようにし、適度な運動を行うなどの対策をおすすめします。

Q:ルイボスティーは卵子の質を上げる?

A:卵子の老化を防ぐ効果が期待できます。

食べ物や飲み物も、妊活にとっては重要です。体の健康状態を整えることで、妊娠の可能性が上がります。特にルイボスティーは、細胞の老化を引き起こす活性酸素の除去に効果がありますので、おすすめです。
ルイボスティーの効果はコチラ
人気のルイボスティーランキングはコチラ

Q:睡眠などの生活習慣も妊活には重要?

A:生活習慣は妊活にとっては非常に大きな影響を与えます。

生活習慣を整えることは、ホルモンバランスをと整えるこことに繋がります。睡眠は十分に取り、食事も3食バランスのとれた規則正い食生活を心掛けて下さい。健康的な体になると妊娠の可能性が上がります。


スポンサードリンク


Q:ざくろやイソフラボンは妊活に良い?

A:ざくろやイソフラボンにはエストロゲンに似た成分が含まれていますので、おすすめです。

ザクロやイソフラボンにはエストロゲンに似た成分が含まれています。妊娠希望の女性のホルモンバランスを整えてくれます。
ざくろのサプリメントの効果はコチラ
イソフラボンの効果はコチラ

Q:低温期には豆乳やグレープフルーツが良い?

A:豆乳やグレープフルーツには葉酸が含まれていますので、おすすめ

低温期に必要なエストロゲンや、高温期に必要な葉酸が含まれていますので、おすすめですが、豆乳やグレープフルーツだけでは必要な摂取量は取ることができません。サプリメントなどで摂取するほうが効果的かもしれません。
イソフラボンの効果はコチラ
葉酸の効果はコチラ

妊娠するために知っておきたい 4つのポイント

妊活マカの選び方妊活葉酸の選び方
妊娠するために効果的なサプリメント妊娠出産にかかるお金

スポンサードリンク




妊活.comの妊娠できるメルマガ【妊活通信】

妊活.comがお届けする「妊娠できるメールマガジン」【妊活通信】を是非ご覧下さい。厳選した妊活ニュースをお届けしています。
登録フォーム


サブコンテンツ

女性におすすめの商品広告



このページの先頭へ