働く女性の妊活の準備【妊活の準備】

この記事を読むには約5 分かかります。

働く女性

出産後の復職の準備をしておくことも大切です。

働きながら妊活をする女性が増えています。
しかし、働きながら妊活を行う事は不安な事がいっぱいです。
働く女性の不安を少しでも解消できるような情報をまとめました。是非、参考にして下さい。



スポンサードリンク


産後に安心して復職する為の準備

妊娠、出産を不安に感じる女性の中には、1年近く休職する事やその後の職場復帰に不安を感じている方も多くいます。
仕事は生き甲斐や経済的な支えでもありますので、妊娠、出産によって仕事がうまく行かなくなってしまうのでは、本末転倒です。
企業に勤めている方が妊娠した場合には、産休、育休取得は必要です。給付金についても制度が設けられています。大切な事は事前の準備と手続きです。

出産の為の「産休」と育児の為の「育休」

一般的には「産休」と言われていますが、産休には2種類あります。

産休について

  • 「産前休業制度」
  • 「産後休業制度」

上記の2種類の産休制度があります。
「産前休業制度」は出産前に休む為の制度で、出産予定日の6週間前から取得する事が出来ます。(双子以上の場合には出産前14週間前から取得可能)
また、「産後休業制度」は出産日の翌日から8週間は就業できない事になっています。ですから、必然的に8週間は産後休業として取得する事になります。
産前休業生後の6週間と、産後休業制度の8週間の合計14週間(約3ヶ月半)が一般的な産休となります。
もちろん、出産は予定通りにいかない事が多くありますので、出産予定日が早まったり、遅れたりする事もあります。その場合には、産前休業制度は出産予定日を基準として計算しますので、問題ありませんし、産後休業制度は実際の出産日を基準として計算しますので、出産の日の翌日から8週間が産後休業の気管となります。

育休について

育児休業とは、生まれた子供を教育する為の期間として取得する物です。
育児休業は希望をする方は取得できるように法律で定められている制度です。子供が1歳になるまでの間でしたら、期間も時期も自分で自由に決められるようになります。また意外に知られていないのが、妻が出産した夫も育休を取得できます。夫の育休は妻が専業主婦でも取得事ができますので、是非覚えておいて下さい。

育休は、産後休業の8週間が終わった後に、原則として子供が1歳になるまでが対象になります。
この育休制度は保育所に入れない等の一定の用件がある場合には1歳6ヶ月まで延長する事が出来ます。また平成22年の法改正によって、夫婦が両方とも育休を取得する場合には、子供が1歳2ヶ月になるまで延長する事が出来るようになりました。

女性が出産をして産休、育休を取る場合には約1年間の休みが取れ、出産直前まで働き、育休を取らなかったとしても、産後6週間は就業ができませんので、確かに仕事から離れる不安はあると思います。
しかし、この時期の女性にとっては出産や、育児が大切な仕事です。赤ちゃんの事を第一に考えて過ごすようにして下さい。

休業申請をしっかりとする

産休、育休ともに、取得にあたっては会社への申請が必要になります。担当の部署にしっかりと問い合わせを行い、手続きをして下さい。会社への報告や手続きは妊娠が分かった時点で早めにして下さい。その為にも、夫婦でしっかりと話し合いを行って下さい。

社会保険に加入していれば、産休、育休中に給付金が給付されます。手続きは会社の担当者が行いますので、専用の用紙に必要事項を記入して提出して下さい。その際には、医師に出生を証明してもらう欄がありますので、通院している炉機に医師に依頼をしておきましょう。

育児休業給付金

育休中には「育児休業給付金」を受け取る事が出来ます。
育児休業給付金とは、給料(日額換算)の約50%が雇用保険から支給されます。これも会社を通して支給の申請を行ってもらいます。申請用紙に必要事項を記入して、母子手帳の写しを添付して会社に提出して下さい。
※「育児休業給付金」は自営業の方や専業主婦の方には支給されません。

また、妊娠を機に退職をする場合には失業保険の給付期間延長申請を行いましょう。
失業の状態でも、妊娠、出産、育児や病気で働けない場合には、失業給付金を受け取る期間を最大4年間まで延長する事ができます。この場合には、離職日の翌日から30日を過ぎた日以降1ヶ月以内に、離職票と受給期間延長申請書をお住まいの地域のハローワークに提出して下さい。


スポンサードリンク


国の制度は活用するべき

妊娠、出産に伴う休業は、やはり不安に感じている方が多いようです。

しかし、安心して下さい。国の制度は仕事と育児の両立を支援する方向に進んでいます。夫婦で育児休業を取得する場合には1歳2ヶ月迄延長できる「パパママ育休プラス」は夫婦で育児を推奨する制度です。男性も育児に参加する事で、女性の復職や両立もしやすくなっています。
国や会社が用意してくれている制度を上手に活用する事で、安心して復職が出来ます。
また、産休や育休に消極的な方の中には、休職をすると、会社に迷惑がかかると思っている方も多くいます。ですが、会社は妊娠、出産を理由として不利益な取り扱いをする事は出来ません。また、給付金は会社からでるのではなく、社員も給与から保険料を支払っている社会保険から支給される物です。
育休を取った後に復職する事が出来なくて退職をしてしまったとしても、会社から育児休業給付金も変換を求められる事もありません。妊娠が分かった時点ですぐに復職の可能性を残して育休を取る事をお勧め致します。決して仕事をあきらめる必要はありません。

妊活、妊娠、出産を控えた女性が今から出来る事は、仕事の専門性や得意分野をしっかりと身に付け、会社の人間関係を築いておく事が重要です。それさえ出来ていれば、産休や育休で休業をされても、復職しやすくなります。仕事の為に妊娠、出産を先延ばしにするよりも、今の仕事の実力をしっかりと付けて人生の選択肢を広げていきましょう。

妊娠するために知っておきたい 4つのポイント

妊活マカの選び方妊活葉酸の選び方
妊娠するために効果的なサプリメント妊娠出産にかかるお金

スポンサードリンク




妊活.comの妊娠できるメルマガ【妊活通信】

妊活.comがお届けする「妊娠できるメールマガジン」【妊活通信】を是非ご覧下さい。厳選した妊活ニュースをお届けしています。
登録フォーム


サブコンテンツ

女性におすすめの商品広告



このページの先頭へ