妊娠するための健康的な体作り【妊活の食事】

この記事を読むには約3 分かかります。

妊活の食事

妊活中の方にとってバランスの取れた食事な非常に重要なになります。

食事に対しては、気をつける事は沢山ありますが、特にバランスの良い食事を取る事が大切です。

食べ過ぎずに、量にも気を付けてバランスよく食事をして下さい。
妊活でも健康でもバランスの良い食事が大切なのですね。



スポンサードリンク


食事で賢い妊活

食べる事は幸せな事です。その楽しみを制限するのは辛い・・・
食後のデザートは一日頑張った自分へのご褒美です。しかし、妊活の為にぐっとこらえる自分をほめましょう。

偏りのない、バランスよい食事を取る

女性は何かと忙しいものです。その為に食事も不規則になりがちです。また、ストレス発散や女子会で、つい食べ過ぎてしまうなんて事も・・・
そこで、妊活中の食事で最低限気を付けて頂きたい事をご紹介致します。

バランス良く、食べ物を選ぶ

食生活については、規則正しい時間に食べる事や、カロリーを考えて食事をするというように、気をつける要素が多くありますが、まずはバランスの良い食事を心がけて下さい。
肉が好きな人は、例えば週に一日でも、肉を食べない日を作る事や、油を抜きにする日を作る取ったようにして下さい。このように、週に一回お休みの日を作る事で、体を徐々にならしていきましょう。
バランスの良い食事にするという事は、過剰に食べ過ぎないという事も重要です。また、肉だけではなく、魚や野菜も十分に取って下さい。
特に魚料理は、なかなか食べる機会が内という方も多いのですが、魚の油に含まれる「不飽和脂肪酸」という物質は、動脈硬化の原因となる悪玉コレステロールを減らしてくれるものです。これは魚には含まれていますが、肉にはほとんど含まれていません。
また野菜を摂取する事によって食物繊維を取る事ができますので、健康にも良いのです。色々なものをバランス良く食べるというのが大切になります。

妊活には「やせ過ぎ」「肥満」は避けたい

妊活中には肥満もやせ過ぎも避けたいものです。
確かに肥満も健康的には良くない事が多く、妊活に取ってはできるだけ避けたいのですが、だからといって食事を制限するダイエットは危険です。
脳の視床下部という部分が食欲と生殖を司る中枢になります。その視床下部がホルモンの分泌を指示しています。過度な食事制限を行うと、視床下部が機能しなくなり、無月経を引き起こしてしまいます。
ダイエットで生理が止まってしまうという人は、排卵性の無月経ではなくて、視床下部の無月経であるケースが多いのです。当然、月経がないという事は排卵が内という事ですので、妊娠する事はできません。また体重が戻ったとしても、一度機能が低下した視床下部が機能を回復させるには3〜4年間もかかります。その間に年齢が進みますので、更に妊娠する力が低下してしまうのです。
しかし、肥満も問題です。肥満による動脈硬化は元に戻す事ができません。動脈硬化になると血液の循環が阻害されてしまいますので、妊娠、出産にも大きな影響がありますし、大きな病気になる可能性も高くなりますので、肥満も要注意なのです。


スポンサードリンク


「普通の体型」を目指す

妊活においても、健康面においても、「普通の体型」を維持する事が重要です。普通の体型でいる為に、偏った食生活ではなく、「普通の食生活」が重要になります。
しかし、栄養士でもない限り、毎食名バランスを完璧にする事は難しいです。また、毎食後とにしっかりと調べて食事をするなんて時間もありません。
できるだけ、栄養のバランスを意識して標準の体型を目指す事が、妊娠、出産、妊活に備えた食事になるのです。

食事は女性に取っては毎日の楽しみの一つです。無理に我慢をしたり、変えたりすると逆にストレスが貯まり、良くありませんので、無理なくバランスを意識して食事をする事から始めて下さい。

妊娠するために知っておきたい 4つのポイント

妊活マカの選び方妊活葉酸の選び方
妊娠するために効果的なサプリメント妊娠出産にかかるお金

スポンサードリンク




妊活.comの妊娠できるメルマガ【妊活通信】

妊活.comがお届けする「妊娠できるメールマガジン」【妊活通信】を是非ご覧下さい。厳選した妊活ニュースをお届けしています。
登録フォーム


サブコンテンツ

女性におすすめの商品広告



このページの先頭へ