妊活成功のポイントは【シンプル】

この記事を読むには約4 分かかります。

妊活の成功のポイントは【シンプル】

妊活はシンプルに考える

妊娠できる体の条件はシンプルと言うこと

妊活の成功の条件はシンプル!

妊活中の女性や男性は、様々な情報を日々集めていると思います。
多くの情報を集めて、良さそうな事は日々の妊活ライフに取り入れるという方も少なくありません。

いい情報を見つけると試して見たくなる気持ちは良く分かります。しかし、すべての情報を実行する事は現実的に不可能です。
あれも、これもと手を出したくなる気持ちは分かりますが、そんな時には、一度原点に立ち返って見て、現時点の自分には何が必要なのかをしっかりと確認してみましょう。


スポンサードリンク


妊活中に確認したいシンプルなポイント

妊活中に色々な情報を収集した時に、本当に何をおこなえばいいのか、混乱してしまう事もあります。そんな時に原点に立ち返るポイントをご紹介します。

ポイント1【子宮の環境と機能】

毎月の月経がしっかりと安定して事が重要です。
定期的に月経が来ている事、その周期が安定している事を確認して下さい。
もし、乱れているようなら、まずは月経の周期を安定させる事が優先です。

生理中の体調不良などがある場合や、生理中の鈍痛などは、もしかしたら婦人科系の疾患が原因となっているケースもあります。
いつもと違うと感じた場合や、体調不良の際には、婦人科の検診を受ける事も重要です。万が一疾患があったとしても、早期の発見につながり、好きの治療ができます。検診で何も無ければ安心して妊活に打ち込めます。
また、日頃から基礎体温を付ける習慣をつけましょう。きちんと排卵がされているのかもチェックが必要です。

ポイント2【年齢も考慮する】

女性が妊娠しやすいと言われている年齢は、20歳〜34歳です。
医学的には35歳以上の方の初産を「高齢出産」と呼んでいます。

高齢出産には、リスクが多く存在します。しかし、ポイント1のように子宮の環境や状態が良い場合では、高齢出産でもそのリスクは少なくなります。
年齢を考慮しても、問題が内容に健康的な体を作っておく必要がありますね。
一般的には、35歳以上の妊娠では、「妊娠高血圧症候群」「妊娠糖尿病」「難産」「染色体異常症」などの危険性が高まると言われています。

ポイント3【体重の管理も忘れずに】

体重の管理も重要な妊活の一つです。
いくら子宮の健康状態が良くても、体に病気がなくても、妊娠をしにくくしている原因の一つになるのが体重です。

痩せすぎていると排卵機能の低下の可能性があり、太りすぎていると排卵障害の可能性があります。
また、たとえ妊娠したとしても、痩せすぎ女性の場合には、胎児への栄養の補給が不足してしまい、低体重児になったり、切迫早産になったりする可能性があります。
また、太りすぎている女性の場合には、産道にも脂肪が付いているケースが多く、難産や帝王切開になるケースが多くあります。
このように、体重の管理も重要な妊活なのです。


スポンサードリンク


現在の自分には何が必要なのかをしっかりと考える

まずは、現在の自分に何が必要なのかをしっかりと理解をすることが重要です。

何をすれば良いのかがわからなくなったら、原点に立ち返って下さい。
まずは、子宮の状態を確認してみる事です。婦人科検診に行った事が無い方は、検診を受診する事をおすすめしますし、以前の婦人科検診から期間があいているという女性も再度婦人科検診を受ける方が良いでしょう。
万が一治療が必要な状態ならば、早期の治療ができますし、健康であれば安心して妊活を行う事ができます。

年齢的に不安があるという方も少なくありません。そのような場合には、食事や運動である程度のリスクを軽減する事ができます。
また体重管理もその一環です。規則正い生活習慣とバランスの取れた食習慣と適度な運動で体重を管理する事ができます。

妊活はシンプルに考える

妊活中に様々な情報を収集して何から初めて良いのかわからないという方、あれもこれもやらないと不安になってしまうという方は、まずは、自分に何が必要なのかを理解することが必要です。
何が必要なのかをしっかりと理解をして、シンプルに考えることによって妊活の負担が軽減されます。

迷ってしまった際には、今回ご紹介したポイントを思い出してまずは自分にできる事をやっていきましょう。

妊娠するために知っておきたい 4つのポイント

妊活マカの選び方妊活葉酸の選び方
妊娠するために効果的なサプリメント妊娠出産にかかるお金

スポンサードリンク




妊活.comの妊娠できるメルマガ【妊活通信】

妊活.comがお届けする「妊娠できるメールマガジン」【妊活通信】を是非ご覧下さい。厳選した妊活ニュースをお届けしています。
登録フォーム


サブコンテンツ

このページの先頭へ