妊娠中の葉酸不足のリスクとは?

この記事を読むには約5 分かかります。

妊娠中の葉酸不足のリスクとは?

葉酸不足のリスク

妊娠後の葉酸不足!これは非常に危険な症状になります!妊娠中の女性は絶対に避けることです。

妊娠中の女性にとって【葉酸】は必要不可欠な栄養素って言う事は今さら説明の必要がないかと思います。
妊娠前や妊娠後に【葉酸】が不足してしまうと、胎児にとって「発育不全」や最悪の場合には、「流産」「死産」等のリスクが非常に高くなってしまうのです。
そのため妊活中の女性は妊娠前から葉酸のサプリメントを欠かすことなくしっかりと摂取するというのが妊活の基本的なポイントとなっていて、妊活中の女性が最初に始める妊活ではないでしょうか?

妊娠直前や妊娠直後の【葉酸】不足は胎児へのリスクの増加だけではなく実は妊婦にとっても非常に危険な状態になるケースもあります。
ここでは【葉酸】不足がもたらす、以外と知られていない、妊婦へのリスクをご紹介していきます。
妊娠中の方、妊活中の女性は、ぜひご覧になって下さい。

予算不足によって発症する妊婦のリスク

実は、葉酸が不足するとさまざまな症状が起こってしまう危険性があります。
「妊娠中の女性」「妊活中の女性」にとっては絶対に避けなくてはいけない事、それが【葉酸】不足によって引き起こされてしまう恐れがあるのです。
ここではその「妊娠中の女性」「妊活中の女性」が絶対に避けたい、代表的なケースをご紹介していきます。

【葉酸】不足によって増加するホモシステイン

さて、妊娠中の女性の【葉酸】が不足すると「ホモシステイン」と言う成分が体内で増加します。
「 ホモシステイン」と言う成分は、なかなか聞きなじみのない成分になりますが、この「ホモシステイン」はアミノ酸の1種になります。
「ホモシステイン」には特殊な効果があります。その効果とは血管を狭くして効果させるという効果を持っています。
そのためホモシステインが体内で増加すると動脈硬化を引き起こしやすくなると言われています。

また、「ホモシステイン」には血液の凝固に影響するという効果も確認されています。
そのため胎児の血流障害を招いてしまい流産や胎児の死産または発育不全のリスクの可能性が高くなるとも言われています。

「ホモシステイン」は妊娠高血圧症をひき起こします!

「ホモシステイン」が増加することによって妊娠高血圧症のリスクが増加します。
「妊娠高血圧症って何?」って思われる女性も少なくありません。
「妊娠高血圧症」とは、以前は「妊娠中毒症」とも言われている症状でした。
この「妊娠高血圧症」と言うのは妊娠20週以降に高血圧の症状が発症する病状になります。
通常では産後12週までに血圧が正常になる場合をこのような妊娠高血圧症と呼んでいるのです。

妊娠高血圧症になるとどのような症状が発症する?

さて、「妊娠高血圧症」って、非常に怖い病気のように聞こえますがその症状はどんなものがあるのでしょうか?

「妊娠高血圧症」になると胎児の発育不全や流産につながる可能性が非常に高くなってきます。
また母体にも痙攣や脳出血、肝臓や腎臓の機能障害といったリスクの発症の危険性も高くなります。
本当に強い症状が発症するのが「妊娠高血圧症」なんです。

葉酸不足は貧血にもなります

「え?予算不足で貧血になるの?」って思われた女性も少なくないと思います。
しかし、実は葉酸不足が貧血の直接の原因になることがあるのです。

なぜ?葉酸不足で貧血になるなるのかといいますと…
葉酸やビタミンB 16、B12には血液中に含まれる赤血球を作るという非常に重要な働きがあります。
しかし、この中の葉酸やビタミンが不足してしまうと血液中の赤血球がうまく作られなくなってしまいます。
その結果として血液中の成分が不足してしまうので、貧血の症状となるのです。

また、赤血球が作られないという事は血液が酸素を運ぶ能力が低下してしますのです。

血液が酸素を運ぶ能力が低下をしてしまうと当然貧血の症状と言うことになります。
また貧血の症状でも予算不足やビタミン不足によって起こる貧血を「悪性貧血」と一般的には読んでいます。

貧血になると赤ちゃんへのリスクも大きくなる!

貧血は赤ちゃんへのリスクや悪影響が非常に高くなります。
貧血になると酸素が全身にくまなく運ばれないと言う症状になってしまいます。
そして、酸素が全身に行き渡らないと言う事は卵巣周辺の血流が悪くなって卵子の状態に非常に悪影響を及ぼします。
もしその時に妊娠していれば退治酸素をうまく運べないと言うことになり胎児の発育に非常に悪影響を与えてしまうということになります。
ですから妊娠中の貧血と言うのはなんとしても絶対に避けたい症状の1つになります。

妊活中の女性の貧血の危険性は妊活と貧血の関係に書いてありますのでぜひご覧になってください。

心配だからと言ってたくさん飲みすぎてはいけない!

葉酸不足の危険性を説明すると「だったらたくさん葉酸をとっておけば安心!」て言うような女性も少なくないのです。
でも、沢山摂取すれば良いと言う訳ではありません。
そのようなサプリメントの過剰摂取は絶対に控えるようにしましょう。

厚生労働省のデータによりますと【葉酸】については一日あたり1,000μgを超えて摂取してはいけないということになっております。

これは、「国立研究、栄養研究所」からの情報ですが、【葉酸サプリメント】の過剰摂取は母体にも様々なリスクが発症する危険性があると言われています
葉酸を過剰摂取しすぎた場合の症状としましては母体自身の発熱やじんましんの症状があります。
また、生まれてくる赤ちゃんが喘息になると言う危険性が報告されていますので絶対に過剰摂取は避けるようにしましょう。

妊活中の女性にオススメの葉酸サプリメント

妊活中の女性にオススメの葉酸サプリメントをご紹介します。

さて、妊活中の女性、男性にオススメの葉酸サプリメントを幾つかご紹介します。
葉酸サプリメントは非常に多くの商品がありますが、ここで紹介するものは、実際に妊活中の女性や男性に本当にオススメの葉酸サプリメントをご紹介します。

妊活中の女性、葉酸サプリメントを探している女性、男性は是非、お試し下さい。

東尾理子さん愛用!葉酸・ビタミン・ミネラル27種配合【美的ヌーボプレミアム】

東尾理子さん愛用!葉酸・ビタミン・ミネラル27種配合【美的ヌーボプレミアム】 身体の中からキレイと健康を作る、ビタミンをミネラルの葉酸サプリメント【美的ヌーボプレミアム】 妊活中の女性にオススメする葉酸サプリメントの決定版!妊活、美容、健康を気にしている女性におすすめの葉酸サプリメントは【美的ヌーボプレミアム】だけ!


【美的ヌーボプレミアム】次のような方にオススメしています。

  • 元気な赤ちゃんを産むために葉酸や鉄分をしっかりと撮りたい!
  • ベビ待ち中に美容面のワンステップもしたい!
  • 野菜不足の食生活のサポートが欲しい!
  • どうせ飲むならきたいができる成分配合量のサプリがいい!
  • 手軽で信頼できるサプリがいい!

このような事を思っている女性には【美的ヌーボプレミアム】がオススメです。

卵子の質や多嚢胞性卵巣症候群が気になる妊活女性は【ベジママ】

べジママ

多嚢胞性卵巣症候群を改善できる葉酸サプリメント 35歳以上の妊活中の女性 卵子の質や多嚢胞性卵巣症候群の予防を栄養面から一助するサプリメント

【ベジママ】次のような方にオススメのサプリメントです。

  • 卵子の質を向上するために栄養面を気にしている女性
  • 多嚢胞性卵巣症候群を改善、予防するために栄養面が気になっている女性
  • 妊娠糖尿病を予防するために栄養面が気になっている女性
  • 35歳以上で妊活をしている女性

天然成分にこだわる方のための葉酸【はぐくみ葉酸】

はぐくみ葉酸

天然成分にこだわった葉酸サプリメント【はぐくみ葉酸】 レモンから抽出した100%自然由来の葉酸! アセロラエキスも入っているので、抗酸化作用や美容を気にしている女性におすすめ!

【はぐくみ葉酸】は次のような方にオススメのサプリメントです。

  • 天然成分の葉酸サプリメントを飲みたい方
  • 妊活中の女性
  • 妊娠中の女性
  • 夫婦で葉酸サプリメントを飲んでいる方

100%天然由来成分の【オーガニックレーベルの葉酸】

はぐくみ葉酸

100%天然由来成分の葉酸【オーガニックレーベルの葉酸】 メーカーも自信を持っておすすめする100%天然由来成分の葉酸はオーガニックレーベルの葉酸! 医薬品を製造するレベルの工場で製造されているので品質も折り紙釣っきの葉酸サプリメント! 選んで良かったと思われる葉酸サプリメントです。 【オーガニックレーベルの葉酸】には葉酸の他に次のような成分も配合されています。

  • 体調を穏やかにと整える【たんぽぽ】
  • ホルモンバランスを整える【ざくろ】
  • 体を温め、栄養のめぐりを改善する【生姜】
  • 妊活中の女性に欠かせない【マカ】
  • 栄養のめぐりを促進する【高麗人蔘】
  • 活性酸素を抑える【ルイボス】
  • 多様な栄養成分を配合している【ローヤルゼリー】

などの成分も配合されていて妊活中の女性に本当におすすめの葉酸サプリメントです。

妊娠するために知っておきたい 4つのポイント

妊活マカの選び方妊活葉酸の選び方
妊娠するために効果的なサプリメント妊娠出産にかかるお金

※コンテンツに記載されているサプリメントの効果や情報に関しましては、体感した個人的な感想や当サイトで調べた内容や一般的な内容が記載されています。医療情報や治療の効果などを保証するものではありません。医療情報や治療などに関しましては、必ず専門家や医師の診断を受けるようにしてください。


サブコンテンツ

女性におすすめの商品広告



このページの先頭へ