妊活中の女性にビタミンが必要な理由とは?

この記事を読むには約7 分かかります。

妊活中の女性にビタミンが必要な理由とは?

妊活中の女性には、ビタミンが必要ですが、その理由とは一体どのような理由なのでしょうか?

妊活中の女性に必要な成分は様々あります。
「マカ」「葉酸」「ビタミン」など様々な栄養素が必要といわれています。
今回は、その中でも、「ビタミン」についてご紹介していきます。

妊活中の女性は是非ご覧になって下さい。

妊活中の女性にビタミンがおすすめの3つの理由とは

さて、葉酸を時はじめとするビタミンは、ミネラルと同様に、妊活中の女性にとってはかかすことができない重要な栄養素です。
ビタミンは健康にいいから、妊活中の女性も積極的に摂取した方がいい。なんて簡単な理由ではありません。
実は、妊活中のの女性にとってはビタミンが欠かす事ができない重要な栄養素なんです。

妊活中の女性にビタミンが欠かせない3つの理由

妊活中の女性にビタミンが欠かす事が出来ない3つの理由とは、次のような理由になります。

  • 胎児の脳の形成を促進する
  • 妊娠力を高める効果がある
  • 抗酸化作用でアンチエイジングの効果がきたいできる

上記のような効果があるのです。

葉酸とビタミンが胎児の脳の形成を促進する

妊活中のの女性にとって葉酸とビタミンが欠かす事が出来ない理由とは、胎児の脳の形成に役立つという事です。
本当に重要な効果があるのです。
まずは、葉酸がどのような食材から摂取する事ができるのかをご紹介しましょう。

葉酸を摂取するとことができる食材

さて、葉酸を摂取する事ができる栄養素には次のような食べ物があります。

  • ブロッコリー
  • ほうれん草
  • 小松菜
  • いちご
  • 枝豆
  • 春菊
  • アスパラガス
  • 菜の花
  • 牛肉
  • 豚肉
  • 鶏レバー

などの食材が葉酸が摂取する事ができる食材になります。

葉酸は実は「ビタミンb群」の一種!

実は葉酸も「ビタミンB郡」の一種になるのです。
ビタミンB群は胎児の脳の形成を促進させる非常に重要な栄養素になります。
胎児のリスクの一つに「神経管閉鎖障害」がありますが、この障害を予防するのに、葉酸は欠かす事が出来ない栄養素なんです。
この「神経管閉鎖障害」が発症すると、胎児は死産や流産のリスクが高くなるので、非常に危険な障害なのです。

葉酸は、ビタミンB群の1つで、胎児の脳の発達を支えてくれるとても大切な栄養素です。胎児が抱えるリスクの1つで、「神経管閉鎖障害」というのがあって、これを発症してしまうと、生まれつき障害を持ってしまったり、死産・流産してしまったりすることがある、とても怖いリスクです。
現在の日本では、約1万人に6人位の割合で発症するといわれています。

葉酸はサプリメントで摂取する

葉酸には、このような危険な障害の「神経管閉鎖障害」を予防する効果があるので、厚生労働省からも妊活中の女性に、妊娠前から葉酸を摂取する事を推奨しているのです。

また、同時にビタミンb12を摂取する事を進めています。
ビタミンb12には、この葉酸の効果をサポートする効果があるのですが、葉酸と一緒にビタミンb12を摂取する事を強く推奨するのです。

妊活中の女性に特に必要と言われているビタミンはビタミンB群と言われているビタミン群です。
このビタミンB群には、次のようなビタミンがあります。

  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • ナイアシン
  • パテトン酸
  • ピオチン
  • 葉酸
  • ビタミンB12

上記のようなビタミンの8種類を総称してビタミンB群とよんでいます。
上記のような成分が妊活中の女性には非常に重要な成分になります。
胎児の脳は、通常は妊娠中6週間目までに形成されます。そして、この妊娠中6週間目まで妊娠中葉酸を始めとする、ビタミンb12群を摂取すると胎児の脳脳は形成妊娠中に大きな影響があるのです。

また、母親がビタミンB群をしっかりと摂取すると、赤ちゃんの夜泣きが軽減されるなんて報告もあるのです。

ビタミンEの妊娠効果

ビタミンEは、妊娠力を向上させる効果があるサプリとしてう有名です。
ビタミンEは、ホルモン環境を整えて排卵を正常な状態に整えたり、月経異常の改善や、受精卵が着床するとために子宮内膜の状態を整える効果ががあることが妊娠ビタミンとも言われている所以です。
また、血流の改善やの効果があることが妊活中の女性におすすめしたいポイントです。
血流が改善やされるということは、妊娠力を高めるための基本でもあります。体に血流が行き渡るということは、体の重要な器官に栄養素が十分に行き渡っているということになります。
当然、卵子や子宮にも栄養素が行き渡っているので、子宮や卵巣ので環境が良好な状態になるということになるのです。

ビタミンEを摂取することができる食べ物とは

それでは、妊活中の女性には欠かすことができないビタミンEが効果的に摂取することができる食べ物をご紹介します。

妊活中の女性は是非参考にしてください。

  • アーモンド
  • アボガド
  • ヘーゼルナッツ
  • 落花生
  • さば
  • うなぎ
  • かぼちゃ
  • さつまいも
  • ほうれん草
  • キウイ
  • 豆乳

など、上記のような食べ物がビタミンEを効果的に摂取することができる食べ物になります。

ビタミンEとCは卵子と精子のアンチエイジングになる。

さて、ビタミンCとビタミンEは卵子と精巣のアンチエイジングの効果的を期待する事が出来ます。
ビタミンCとビタミンEの抗酸化作用は非常に強力な抗酸化作用を持っていることでも有名です。

妊活中の女性にとって卵子と精巣の環境を正常な状態に整えることは、妊活を成功に近づけるのに欠かす事ができない重要な項目です。
妊活中の女性は是非、積極的にビタミンCとビタミンEを摂取するようにしましょう。

ビタミンCとビタミンEが効果的に摂取する事ができる食べ物

さて、妊活中の女性には欠かす事ができないビタミンCとビタミンEを効果的に摂取する事ができる食べ物をご紹介しましょう。
次のような食べ物がビタミンCとビタミンEを効果的に摂取するする事が出来る食べ物になります。

  • パプリカ
  • ばなな
  • キウイ
  • グレープフルーツ
  • いちご
  • カリフラワー
  • モロヘイヤ

など、上記のような食べ物がビタミンCとビタミンEを効果的に摂取する事が出来る食べ物になります。
妊活中の女性は是非、積極的に摂取するようにして下さい。

ビタミンAとビタミンDは妊活中の女性には必要な栄養素ですが、このビタミンは摂取しすぎに要注意です。

まずは、それぞれの栄養素を摂取する事が出来る食べ物をご紹介しましょう。

ビタミンAを摂取する事が出来る食材

  • 牛肉
  • 豚肉
  • 鶏レバー
  • あんこう肝
  • うなぎ
  • 銀タラ
  • あなご
  • いくら
  • かぼちゃ
  • ほうれん草
  • 春菊
  • ニラ
  • 小松菜

などが、ビタミンAを摂取する事ができる食材になります。

ビタミンDを摂取する事が出来る食材

  • しらす
  • あんこう肝
  • イワシ
  • いくら
  • サケ
  • きくらげ
  • 干ししいたけ

などが、上記の食材がビタミンDを摂取する事が出来る食材ですが。

過剰摂取には注意が必要!

ビタミンAとビタミンDは特に摂取のしすぎには注意が必要です。

ビタミンAもDも妊活中の女性には本当に必要な成分ですが、過剰摂取には非常に怖いリスクがあります。
どちらのビタミンも、過剰摂取すると、胎児の奇形のリスクが非常に高くなるのです。
このことにかんしては、ビタミンAとビタミンDの過剰摂取摂取某危険性でご紹介していますので、是非ご覧になって下さい。

妊活の女性にオススメのビタミンの情報

⇒ビタミンAとビタミンDは妊活中の女性に必要だけど注意が必要

⇒妊娠したいなら、ビタミンEは欠かせない!

⇒ビタミンCは妊活中のストレス対策として有効な成分

妊娠するために知っておきたい 4つのポイント

妊活マカの選び方妊活葉酸の選び方
妊娠するために効果的なサプリメント妊娠出産にかかるお金




妊活.comの妊娠できるメルマガ【妊活通信】

妊活.comがお届けする「妊娠できるメールマガジン」【妊活通信】を是非ご覧下さい。厳選した妊活ニュースをお届けしています。
登録フォーム


サブコンテンツ

女性におすすめの商品広告



このページの先頭へ