妊活中には欠かせない炭水化物の重要性とは

この記事を読むには約7 分かかります。

妊活中には欠かせない炭水化物の重要性

炭水化物の重要性

炭水化物が妊活中の女性の排卵障害役割が子宮内膜症を予防する!

妊活中の女性に炭水化物が非常に重要って知っていましたか?

「ダイエット中だから、炭水化物は控えている。」

「炭水化物抜きの食事を心掛けている。」

なんて女性はいませんか?あなたも実はそうではありませんか?

しかし、もしあなたが妊活中であれば、炭水化物をきちんと取らなくてはいけません!

妊活中の女性にとって非常に重要な炭水化物いついて、ご紹介します。

妊活中の女性は是非ご覧になって下さい。

妊活中の女性に重要な炭水化物

炭水化物は肥満の原因なんて事を聞いた事はありませんか?

たしかに、炭水化物は摂取のしようによっては、肥満の原因となります。

しかし、生命を維持するためには、なくてはならない栄養素でもありますので、しっかりと摂取しなくてはなりません。

もちろん、妊活中にも、妊娠したあとでも必須の栄養素とってなりますので、きちんと摂取するにはようにしましょう。

また、炭水化物には、生命を維持するという他にも、妊活中の女性に非常に有難い効果があるのです。

それは、「排卵障害の予防」や「子宮内膜症ので予防」の効果があるのです。

「排卵障害障害」や「子宮内膜症」にも影響する炭水化物

妊活中の女性には非常に重要な排卵障害や子宮内膜症の予防ので効果がある炭水化物ですが、妊活中にどのように炭水化物のコントロールをすればいいのでしょうか?

ここでは、妊活中の炭水化物の摂取のコントロールの方法ご紹介いたします。

炭水化物の要点は「血糖値のコントロール」

さて、妊活中の女性にはが気をつけるべき事は、血糖値の急上昇です。

つまり、炭水化物の摂取をコントロールしなければいけないのは、「血糖値の急上昇」をコントロールするためなんです。

そもそも、血糖値とはなんなのでしょう?

血糖値とは、血液中に含まれるブドウ糖のことです。

人間が炭水化物を摂取すると、体の中でブドウ糖に変換されます。

このブドウ糖は、小腸から血液中に取り込まれて、血液と一緒に体の各部分に運ばれるのです。

体の各部分に運ばれたブドウ糖は体を動かす筋肉などのエネルギーなどに使用されます。

体を動かすことにも使用して余ったブドウ糖は肝臓でグリコーゲンとして蓄えられるのです。

食後に血糖値が急上昇するのは危険!

炭水化物を大量に摂取してしまうと、血糖値が急上昇してしまいます。

この、血糖値がのは急上昇が妊婦さんに悪影響を与えてしまうのです。

血糖値の急上昇が妊婦さんに悪影響を与えてしまう原因とはなっているのは「インスリン」という物質が原因となるのです。

さて、そもそもなんで「血糖値の急激な上昇」が妊娠中の女性に悪影響となってしまうのでしょうか?

その理由をご紹介するには、血糖値についてもう少し詳しくはご説明すると必要があります。

血糖値が上昇する仕組み###

さて、血糖値が上昇するメカニズムは次のような仕組みになります。

血糖値が上昇すると、「すい臓」で「インスリン」というホルモンを生成します。

このインスリンが分泌されると、体内のブドウ糖が細胞には取り込まれて、絵なるギーになったり、余分には余ったブドウ糖は「肝臓」にてグリコーゲンや中性脂肪として蓄えられます。

また、時間が経って血糖値が下がると、次は「すい臓」から「グルカゴン」というホルモンが分泌されます。

そうなると、肝臓が貯蓄していたグリコーゲンをブドウ糖に変換して血液中に放出するのです。

この状態になると、私たちの脳は空腹という信号をだすので、「お腹がすいた!」とい感覚が伝わってくるのです。

ここまででは、インスリンが妊娠中の女性に悪影響を与えるという事はあるのです?と思うでしょう。

それでは、妊娠中の女性に悪影響を与える理由をご紹介しましょう。

インスリンの大量分泌が妊娠中の女性に悪影響をもたらす理由とは

実は、妊娠中の女性に悪影響となるのは、インスリンが大量分泌がされるのが原因なんです。

では、インスリンが大量に分泌がされると妊娠中の女性に悪影響を与える理由をご紹介します。

炭水化物貨物を急激に摂取すると、血糖値が上昇します。

そのような状態になると、体がブドウ糖をエネルギーとして使いきらなくなります。

余ってしまったブドウ糖は、その一部を中性脂肪として体内でに蓄えてしまうのです。

妊娠中の女性にとっては体重の管理も重要なことにもなりますので、妊娠中の女性に悪影響と言えます。

しかし、体重の増加よりも深刻な問題があります。

体重の増加よりも深刻な「血糖値の上昇」

体重の増加よりも深刻なのは、血糖値の上昇なんです。

深刻な問題は、血糖値の上昇で「すい臓」が大量のインスリンを分泌してしまうとことなんです。

インスリンは、ブドウ糖を体内の細胞には取り込んで血糖量を下げる効果がのあるホルモンがなんです。

しかし、インスリンが大量に分泌がされるというのは状態が何度も何度も続いてしまうと、インスリンの効果が低下してしまうのです。

体がインスリンの効果に慣れてしまうのですね。

インスリンに対して慣れてしまうと、血糖値を下げるのにより、大量のインスリンが必要になってしまうのです。このような状態を「インスリン抵抗性」と言います。

インスリン抵抗性のリスク

インスリン抵抗性には多くのリスクがあります。

インスリン抵抗性になると、多嚢胞性卵巣症候群による排卵障害、子宮内膜症と言った不妊の原因にもなります。

インスリン抵抗制のような状態を何度も繰り返すと、糖質を多く含んでいる食べ物を少量食べただけでもインリンを大量に分泌する用になったてしまいます。

この、少量摂取しただけでインスリンを大量に分泌するような状態を「低血糖症」といいます。

低血糖症の症状には次のような症状があります。

  • 不眠
  • イライラ
  • 疲労感
  • 頭痛
  • めまい

上記のような精神面への影響も非常に多くありますので、妊娠中の女性に悪影響にならないはずがありません!

血糖値が症状するのはどんな時?

さて、血糖値の急激な上昇が妊娠中の女性に悪影響になると言うことは分かっていただけたと思います。

では、血糖値はどんな時に上昇するのでしょうか?

この血糖値が上昇する条件がわかれば、予防する事ができますよね。

さて、それでは血糖値が上昇する時をご紹介しましょう。

血糖値が上昇するのは、炭水化物や糖質を短時間で大量に摂取した時に、血糖値が急激に上昇します。

つまり、次のような時に血糖値が上昇するのです。

  • ご飯、パン、うどんを短時間で食べてしまった時
  • 空腹時に甘い物を沢山食べてしまった時
  • 朝食を食べないで、昼食を多く食べてしまった時

上記のようなときには要注意です。

血糖値が急激に上昇してしまいます。

さてこのような、血糖値の急激な上昇は、血糖値を上手にコントロールできていない状態になりますので、避ける方がいいでしょう。

特に妊娠中の女性は絶対に避けるべきなのです。

血糖値の上昇を上手にコントロールする方法

では、血糖値の上昇を上手にコントロールする方法をご紹介します。

血糖値の上昇を上手にコントロールする事で、インスリンの分泌をコントロールする事ができるようになって、排卵障害や子宮内膜症の予防に繋がるのです。

では、どのような改善方法を取れば良いのかをご紹介します。

  1. よく噛んでゆっくりと食べる用に心がける
  2. 白米よりも、玄米、雑穀を食べるようにする
  3. 食べる順番を工夫する

上記のような改善方法があります。

どれも簡単な方法ですので、是非取り入れて下さい。

よく噛んでゆっくりと食べる

急激に血糖値を上昇させないようにするには、何よりもまずは、ゆっくりと食べることが基本となります。

これは、誰にでもできることですので、すぐに試して下さい。

白米よりも玄米、雑穀を食べるようにする

白米は本当に美味しいのですが、体内への吸収が非常に早く、その分急激な血糖値の上昇の原因ともなります。

一方出、玄米や雑穀は食物繊維も同時に摂取している事になるので、炭水化物の消化に時間がかかるので、血糖値の上昇を抑えられるという事になるのです。

食べる順番を工夫する

この食べる順番を工夫するのは、今すぐにでもできますので、是非チャレンジして下さい。

食べる順番でオススメの順番は次のようになります。

  1. 野菜などの食物繊維
  2. 肉や魚などのタンパク質
  3. 炭水化物

上記の順番で食べるようにすると、血糖値の上昇を抑える事ができます。

妊活中には欠かせない炭水化物の重要性のまとめ

さて、妊活中、妊娠中の女性に大しての、炭水化物の重要性、注意点をご紹介しました。

簡単にできる改善対策もありますので、是非取り組んで見てはいかがでしょうか?

また、血糖値をコントロールする「妊活サプリメント」も販売されていますので、どうしても気になるという方は、試して見てはいかがでしょうか?

妊娠するために知っておきたい 4つのポイント

妊活マカの選び方妊活葉酸の選び方
妊娠するために効果的なサプリメント妊娠出産にかかるお金




妊活.comの妊娠できるメルマガ【妊活通信】

妊活.comがお届けする「妊娠できるメールマガジン」【妊活通信】を是非ご覧下さい。厳選した妊活ニュースをお届けしています。
登録フォーム


サブコンテンツ

女性におすすめの商品広告



このページの先頭へ