妊活中、妊娠中に気になるカフェインの影響

この記事を読むには約4 分かかります。

妊娠中に気になるカフェインの入った飲み物

妊活中のカフェインの影響

妊娠中にカフェインの入った飲み物は大丈夫?対策はあるの?

妊活中にカフェインって大丈夫なの?

妊活中や妊娠中にカフェインの入った飲み物はあまり飲んではいけないと聞いた事はありませんか?
何故、妊活中や妊娠中にカフェインの入った飲み物はいけないのでしょうか?

食後やリラックスタイムにコーヒーを飲むのが習慣になっている女性には、カフェインがダメと言われると、本当にショックを受けますよね。
この機会に一度、妊活中、妊娠中の食生活の習慣を見直して見てはいかがでしょうか?


スポンサードリンク


何故、妊活中、妊娠中にカフェインがダメなの?

妊活中や妊娠中にカフェインを摂取してはいけないという話は有名ですよね。
特にコーヒーがNGと言われています。
コーヒーはカフェインを含んでいるだけでは無く、体を冷やしてしまう効果があると言われています。
ホットコーヒーでもコーヒーの利尿作用で排尿を通じて体温が外に逃げてしまい、結果として体を冷やしてしまいます。

妊活中、妊娠中のカフェインの影響

妊活中や妊娠中にカフェインを控えた方が良いという理由は下記のようになります。

    カフェインを控えた方がいい理由

  • 体を冷やす
  • 鉄分の吸収を妨げる
  • 胎児の発育を妨げる

体を冷やす
カフェインの利尿作用によって体が冷えてしまいます。
妊活中の女性も、妊娠中の女性も冷え性は大敵です。カフェインを取ることでそのたい的な冷え性を誘発してしまいます。

鉄分の吸収を妨げる
カフェインは体内に入るとタンニンと強く結びつきます。そのタンニンが鉄分の吸収を妨げてしまうのです。
妊活中の女性や妊娠中の女性は鉄分やカルシウム不足になりがちです。その為、食事に気を使ったり、サプリメントで栄養を補強するようにしますが、カフェインの影響で鉄分が体内に吸収されにくくなってしまうのです。

胎児の発育を妨げる
カフェインは母体が摂取するとほど同じ濃度のカフェインが胎盤を通して胎児に移行してしまうのです。
カフェインには胎児の中枢神経を覚醒、興奮させる作用があり、子宮の胎児の発育が遅延するリスクがあります。

妊活中、妊娠中のカフェイン対策

カフェインが妊活中、妊娠中に悪影響と言う事は理解して頂けたとおもいます。
しかし、リラックスタイムにコーヒーを楽しみにしているような女性にコーヒーをやめろというのは、逆にストレスが溜まってしまい、悪影響になりかねません。
では、どのようにして対策をしていけば良いのかをご紹介します。

コーヒーはダメだけど紅茶は良いの?

カフェインがダメと言うと、コーヒーをやめて紅茶を飲めば良いという方がいますが、紅茶にもカフェインが入っていますので、控えるようにしましょう。
どうしてもコーヒーを飲みたいという場合には、ノンカフェインの「たんぽぽコーヒー」のような物を飲むようにするか、薄めのアメリカンコーヒーを少しだけ飲むようにしましょう。
アメリカンコーヒーはカフェインは入っていますが、完全に遮断をしてステレスが貯まるよりも、リフレッシュできる方が良い場合もあります。
1日に薄めのアメリカンコーヒーを1〜2杯程度に抑えるようにしましょう。


スポンサードリンク


ノンカフェインの飲み物で代用する

先にもご紹介しましたが、完全ノンカフェインの「たんぽぽコーヒー」のような飲み物で代用する方法もあります。
ノンカフェインの飲み物には他にも、「ルイボスティー」や「たんぽぽ茶」などもあります。
最近ではスターバックスで淹れたてのカフェイン抜き コーヒーを飲める店舗もあるようです。

妊活中、妊娠中の飲み物

妊活中、妊娠中にはとにかく、水分を多めにとって体を温める事が大切です。
水分を取って体を温める事で、血流が良くなり、母体にも胎児にも十分な栄養と酸素を届ける事が出来ます。
妊活中、妊娠中の水分補給は普段よりも気を使い、多めに取るようにして下さい。

妊娠するために知っておきたい 4つのポイント

妊活マカの選び方妊活葉酸の選び方
妊娠するために効果的なサプリメント妊娠出産にかかるお金

スポンサードリンク




妊活.comの妊娠できるメルマガ【妊活通信】

妊活.comがお届けする「妊娠できるメールマガジン」【妊活通信】を是非ご覧下さい。厳選した妊活ニュースをお届けしています。
登録フォーム


サブコンテンツ

女性におすすめの商品広告



このページの先頭へ