妊活中なら流行前にインフルエンザのワクチン接種を!

この記事を読むには約2 分かかります。

妊活中なら流行前にインフルエンザの予防接種を!

予防接種

妊活中なら早めにインフルエンザのワクチン接種が必要

妊活中にはインフルエンザのワクチンを摂取する!

妊活女性のインフルエンザのワクチン接種
インフルエンザのワクチンを接種するというと、妊娠の予定や妊娠の可能性が高かなる前にワクチン接種を受けておくというのが一般的です。
アメリカの産婦人科学会のガイドラインでは、妊娠中の女性にインフルエンザの予防接種を受けるように呼びかけをしています。

このアメリカのガイドラインによると、近年の複数の研究の結果で、妊娠中のインフフエンザワクチン接種の安全性や有効性が支持されています。妊娠の週数に関わらず、インフルエンザの流行のシーズンのはじめの内に、ワクチン接種を受ける事が効果的なのだと言います。妊活中の女性は9月〜12月中くらいに早めに受けておくことが重要になります。

また、インフルエンザ流行中に妊娠した女性は、不活性ワクチンを接種する必要があります。この不活性ワクチンは、出産直後の授乳中でも安心して接種することができる予防接種になります。


スポンサードリンク


妊娠中の女性の接種率は50%以上

妊娠中に万が一インフルエンザにかかってしまうと、肺炎や、早産、その他の合併症を引き起こしてしまう可能性が非常に高いので、みなさん注意をしているようです。近年では、インフルエンザの予防接種を受ける方の割合は妊娠中の女性では、50%以上となっています。

インフルエンザの予防接種を受けるメリット

インフルエンザの予防接種を受けるメリットは妊娠中の母体の安全がけではなく、子供の為にもなります。乳児は生後6ヶ月まではインフルエンザの予防接種が受けることができません。
しかし、母親が予防接種を受けておくと、胎内でインフルエンザ抗体を受け取ってワクチン接種ができる月齢まで、赤ちゃんの体を守ってくれます。

妊娠中には、早めにワクチンを接種して下さい。
できれば、風疹のワクチンを接種して、一定期間を置いた後に、妊活を再開する方が良いと言われています。インフルエンザの予防接種と合わせて検討するほうがいいのかもしれません。

妊娠するために知っておきたい 4つのポイント

妊活マカの選び方妊活葉酸の選び方
妊娠するために効果的なサプリメント妊娠出産にかかるお金

スポンサードリンク




妊活.comの妊娠できるメルマガ【妊活通信】

妊活.comがお届けする「妊娠できるメールマガジン」【妊活通信】を是非ご覧下さい。厳選した妊活ニュースをお届けしています。
登録フォーム


サブコンテンツ

このページの先頭へ